無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

お話
そ「起きてたんですか」

私「…うん。」





私「あのさ」

そ「っ?」

私「ほんとに看護師になったんだね。」


そう言うと、そらは驚いた顔をした。


そ「お、覚えてたの…?」

私「忘れるわけないでしょ?」

「そらも覚えててくれたんだね。私のこと。」


そ「…忘れるわけないだろ。」

「どんだけ心配したと思ってんだよ……ボソッ」

私「えっ…」

そ「…なんでもないよ。」

「どう?体調の方は。」

私「うん、悪くないよ!元気~♪」

そ「そ、ならよかったニコッ」


そらの笑顔は、相変わらず眩しかった。






シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆう
ゆう
リクエストどーぞ!いつでも待ってるよ! フォロー返します(気づけたらね?) 🐢更新 よければTwitterも覗いてみて! @pon_yuu_kotu いつも作品読んでくださってる方々ありがとう☺️ フォローしてくれる方々もありがとう(^-^) 脳内ピンクのJKでっす 感想とかくれたらとっても喜びます。 ジャニーズはNEWS。 YouTuberは アバンティーズ、水溜りボンド、パオパオチャンネル、Fischer's、東海オンエア、夕闇などが好きです(*´-`) 私の頭は狂ってますのでw コメント返信するの遅くなるかも。 何卒よろしくお願いします。(*´-`) みんなのこと大好きよ♪ (常に情緒不安定)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る