無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

そっと、甘いキスを。






あなたside








目が覚めた。唇に、柔らかい触感が感じられた。



私の唇を奪っていたのは、そらだった。



私「そ、ら……//」

そ「あっ、ご、ごめん…///」

私「う、うん…でも、なんで…//」









そ「俺、さ。あなたと別れてから、ずっと寂しくて…。やっぱ、お前が居ないとだめなんだなって…。」

私「えっ…」

そ「あなた、俺、お前が好き。」


そう言ってまた唇を奪われた。


私「そら…///」

「わ、私も……好き…///」

そ「えっ、ほ、ほんと?」

私「…うん///」

そ「あなた…///」


ぎゅっと抱き締められた。

その手は、看護師として患者さんを支えるような優しい手ではなく、男らしい、すごく頼れる手だった。


私「もう、別れよう、なんて言わない?」

そ「言わねえよ。」

私「そら…//大好き…//」

そ「俺も。」


そして深いキスを交わした。










シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆう
ゆう
リクエストどーぞ!いつでも待ってるよ! フォロー返します(気づけたらね?) 🐢更新 よければTwitterも覗いてみて! @pon_yuu_kotu いつも作品読んでくださってる方々ありがとう☺️ フォローしてくれる方々もありがとう(^-^) 脳内ピンクのJKでっす 感想とかくれたらとっても喜びます。 ジャニーズはNEWS。 YouTuberは アバンティーズ、水溜りボンド、パオパオチャンネル、Fischer's、東海オンエア、夕闇などが好きです(*´-`) 私の頭は狂ってますのでw コメント返信するの遅くなるかも。 何卒よろしくお願いします。(*´-`) みんなのこと大好きよ♪ (常に情緒不安定)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る