第4話

ちびっ子3
175
2022/06/21 11:38
あなた
ロイドにも家族できたんだな、
ロイド
「あぁ、」
あなた
てゆうかアーニャ学校?行くのか?
アーニャ
「アーニャいーでんこう行く!」
あなた
ん、同じじゃん
アーニャ
「お前と同じ、嬉しい!」
ロイド
「あなたの英語っぽいのも同じところだったんだな、アーニャをよろしくな」
あなた
ん、わかった
じゃ僕はここで
——————
あなた
、、太陽眩し、
ダミアン
「あ、、、」
あなた
げっ、、
あなた
、、なんで、いんのさ
ダミアン
「いいだろ俺の勝手だ」
あなた
そ、、じゃ、
ダミアン
「ちょちょっ!なんでそんなに反応が薄いんだ!!」
あなた
え?そりゃキョーミないから?
あなた
じゃ、僕は散歩行くし
——————

ダミアン
「はぁはぁはぁ、お前、ハァ早すぎだろ」
あなた
てゆうか着いてくんなよ、、
ダミアン
「お前!」
あなた
ダミアン
「お前、、俺の家に来ないか?」















あなた
は??
あなた
なんで、お前の家なんかに、
ダミアン
「いいだろ、、俺が誘ってんだからよ///」
あなた
お前可愛いとこあんじゃん、、ニコッ
ダミアン
「う、うるせぇ!!いいから俺の家にこい!」
あなた
はいはい
——————
あなた
、、、
ダミアン
「父さんただいま、友達連れてきた」
ドノバン
「そうか、」
あなた
初めましてあなたの英語っぽいの・フィッキーです。ダミアンくんとは御友達させていただいてます、どうぞよろしくお願いします
ドノバン
「ドノバン・デズモンドだ、ダミアンをよろしくな」
あなた
はい、
ダミアン
「部屋行くぞあなたの英語っぽいの」
あなた
ん、
——————
あなた
うわぁ、、
ダミアン
「なんだようわぁって!」
あなた
なんか豪華な子供って感じの部屋嫌いだわ
ダミアン
「なんだと!」
あなた
、、、でもこうやって、友達の家に来るのは楽しい、
ダミアン
「そ、そうかよ、、、///」
あなた
照れてやんの~
ダミアン
「て、照れてねぇ!」
あなた
そーなんだー、で、何すんのさ
ダミアン
「べ、勉強教えてくれ!」
あなた
、、は?
ダミアン
「な、なんだよ」
あなた
勉強なんてやれば出来るでしょ
ダミアン
「わかんねぇとこがあんだよ、、」
あなた
、、そこ貸して、
ダミアン
「、、、ん」
あなた
簡単じゃんこれ、、ここをこうしてそしたらあぁしたらいける
ダミアン
「ありがとう、//」
あなた
、、、、なんで顔赤いんだよ
ダミアン
「あ、赤くねぇ!」
あなた
そうかよ、、なら次、
ダミアン
「こ、これ」
あなた
お前、、こんなのも出来ねぇのってばか?
ダミアン
「馬鹿じゃねぇ!!」
あなた
、、ごめんもう帰らないと、
あなた
掃除とかあるしじゃ、、あとこれ僕の家の電話番号
ダミアン
「あ、ありがとう気おつけて帰れよ!」
あなた
ん、、ドノバンさん今日はありがとうございました
ドノバン
「嗚呼、気おつけてな」
ダミアン
「じゃぁな!」
あなた
じゃ、、ペコッ
ガチャッ


家に帰ったらフォージャー家に会った

アーニャ
「あなたの英語っぽいの!アーニャの制服姿どう!」
あなた
ん、可愛い
アーニャ
「フフン」
ロイド
「、、アーニャ行くぞ、またなあなたの英語っぽいの」
あなた
じゃねヨルさんもまた、
ヨル
「はい!」
————

翌日
あなた
、、ま、眩しい、
あなた
てゆうかどうやって学校行こ、
▶自転車
▷歩き
あなた
よし行くぞ、
——————
あなた
自転車疲れる、、
アーニャ
「あ!あなたの英語っぽいの!」
あなた
アーニャ、、おはよう
アーニャ
「おはよう!同じくらす?」
あなた
わかんないよ
————

先生
「——・——、あなたの英語っぽいの・フィッキー」
あなた
、、先、失礼します、
ロイド
「あぁ、、(こんなこともあろうかとあなたの英語っぽいのとアーニャをおなじくらすにしておいたのだ)」
アーニャ
「(あなたの英語っぽいのとおなじくらすワクワク、)」





トコトコ
あなた
あ、あんたも同じだったんだね
ダミアン
「ちゃんとした名前で呼んでくれ」
あなた
でもお前顔赤くなるぞ?
ダミアン
「はぁ?大丈夫だし、//」
あなた
ほれほれあこ〜なっとるぞ~?
ダミアン
「うっせぇ/」
あなた
へーい
先生
「アーニャ・フォージャー」
ロイド
「アーニャ行ってこいニコッ」
アーニャ
「うぃ、」
あなた
、、アーニャ、
アーニャ
「あなたの英語っぽいの!」
あなた
シーーー
アーニャ
「ハ!、アーニャお前と同じ嬉しい、」
あなた
僕も
あなた
アーニャと同じ嬉しいよ、
先生
「ベッキー・ブラックベル」
ベッキー
「よろしくね。」
アーニャ
「!」
あなた
あ、アーニャ?
アーニャ
「、、フイッ」
あなた
ベッキー
「!!」
─────

先生
「ーーー?」

ダミアン
「おいあなたの英語っぽいの」
あなた
なに、、
ダミアン
「クラス同じだな」
あなた
だねぇ、
ダミアン
「なんか、あれだな」
あなた
なんだよあれって
ダミアン
「、、お前俺より頭いいんだな」
あなた
普通だろ、

プリ小説オーディオドラマ