無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

電話
プルプルプル
あなた

(電話?Fischer’s の撮影は午後からなのに。誰だろ)

あなた

もしもし。

モトキ
モトキ
あなた⁉︎モトキだけど。
あなた

どうしたの?そんなに焦って。

モトキ
モトキ
シルクが事故にあった。今××病院にいる!
いまからこれる?
あなた

事、故?なにドッキリ?

モトキ
モトキ
違う。お願い。信じて!
私、こんなに真剣なモトキの声聞いたことなかった。



だから、
あなた

分かった!すぐ行くね!

そう言った。
モトキ
モトキ
ありがと!
私の家から病院まで走って10分。



走った。走って走って…
ンダホ
ンダホ
あなた!
あなた

シルクは?

ンダホ
ンダホ
あそこ。
そこには包帯でグルグルにされているシルクがいた。
私の目から勝手に涙が溢れていた。
マサイ
マサイ
あなた…
みんな病院に居て、シルクが起きるのを待っていた。
でも、もう叶わぬ夢となってしまった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ハート
ハート
Fischer’s love(きぬたみ)です。中級者です。よろしくお願いします。温かく見守ってください。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る