第8話

彼女とお酒
ほんの好奇心だった


あなたって酔ったらどうなるかなーって


俺、今まであなたと酒を飲んだことがなかったから


酔ったところなんて見たことがなかったんだ





ちょうどあなたが俺ん家に遊びに来てたし…


ジュースのフリしてこそっり…ね?
アナタ
ヨンジュン…
ヨンジュン
ヨンジュン
ん?
アナタ
なんらか…ふわふわすりゅ…
案の定あなたは酒に弱いらしく


すぐに頬を紅く染めた
ろれつがまわりきれてない話し方が子供みたいで可愛くて…
アナタ
ねぇヨンジュン、ぎゅーっれして?
ヨンジュン
ヨンジュン
ん?いいけど…///
俺は座っているあなたに近づき、優しく抱きしめる
アナタ
もっとぎゅぅー
ヨンジュン
ヨンジュン
え!?あ、うん…///
言われるままに俺は抱きしめる腕の力を強める


可愛い///


普段はこんなおねだりしないのに、あなた、酔うとこうなるんだ…///