第12話

彼女とお酒
アナタ
んっ…んぅ…んっ///
酔って敏感になっているのか


まだ服の上から触っただけなのに


あなたは身をよじって声を漏らした


俺はあなたの服をブラごと捲り上げ


直接胸の膨らみに触れる
アナタ
あっ…んっ…///
ピンク色の突起はすでに固く


指で摘んでコリコリと動かすとあなたの声が上がった
アナタ
やっ///あんっ…んっ
あなたは甘い声をあげながら


俺の下で無意識にもぞもぞと足を擦りよせている


もう濡れているのだろうかと思い、俺はあなたの


スカートの中に手を忍び込ませた


あなたの躰がビクンと反応する
俺は下着の上から中指で割れ目をゆっくりなぞる


布越しにヌルヌルとした感触
ヨンジュン
ヨンジュン
濡れてる…
俺はたまらなくなって下着の横から指を入れ


直接割れ目に沿って前後に触った


あなたの蜜でいっぱいで、すぐにでも俺を受け入れられそうなくらいだった


あなたの蜜を指で絡め取り


割れ目の上の突起を擦ってやると、すかさずあなたがイイ声で鳴く
アナタ
ひゃっ///んっ…やっ…あんっ///
可愛い


もっとメチャクチャに感じさせたい