第3話

処女と野獣
ヨンジュン
ヨンジュン
その前にちょっとコッチ来て
アナタ
…何で
ヨンジュン
ヨンジュン
いいから
アナタ
何で
ヨンジュン
ヨンジュン
すぐ教室戻るから
アナタ
…。
早く、と急かすヨンジュンに戸惑いながらも歩を進めるあなた
アナタ
…戻って。
ヨンジュン
ヨンジュン
分かった
_グイッ
ヨンジュン
ヨンジュン
…あなたちゃんがキスしてくれたら
アナタ
…!?
キスしてくれたら、なんて言いながらヨンジュンは強引にあなたを引き寄せて唇を重ねた




やわらかな唇を割り入って強引にヨンジュンの舌が中に入った




_クチュ
アナタ
…ん…っ!
初めての感覚




舌で




舌で




犯される。
アナタ
…ハ…っ…
ヨンジュン
ヨンジュン
…なんだよその顔
アナタ
っ_!(私のファーストキス…っ…!)
ヨンジュン
ヨンジュン
やっぱ足んねぇ
アナタ
…え…?
一瞬にして視界が





アナタ
…っ…!?ヨンジュンく…っ!?
ヨンジュン
ヨンジュン
暴れんなよ
ヨンジュンはあなたの両手を片手で押さえつけワイシャツのボタンに手をかけた
アナタ
…やっ!やめ…っ…
アナタ
…ぁ…
ブラの隙間に手が入り込み、やわらかなソレに直接触れられる
アナタ
…っ…やだっ…!