第7話

処女と野獣
ヨンジュンは大きく息を吸い込み、大きく吐き出した


その深い瞳があなたの潤んだ瞳をしっかり捉える
ヨンジュン
ヨンジュン
…ずっと、好きだった
アナタ
…っ!?
ヨンジュン
ヨンジュン
…好き…だ…ずっと…
アナタ
…ヨンジュンく…っ…ん…っ
───ズッ…ズッ…
穏やかに中を動くヨンジュン自身


擦るように、ただその存在のみを主張するように
ヨンジュン
ヨンジュン
…わかってる…俺は…最低だから…っ…
アナタ
…ヨンジュンく…んっ私…
────ズッ……
ヨンジュン
ヨンジュン
…ごめんあなた
アナタ
…わ、私もっ、ヨンジュンくんの事が好きっ
ヨンジュン
ヨンジュン
え…
アナタ
ずっとヨンジュンくんのことがッ好きだったのッ
END

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

おわりましたーーー!


次の話は 彼女とお酒 です!


楽しみに待っててください!