第4話

処女と野獣
優しく、包むように胸を揉みしだく
アナタ
(ぁ…っ…なんか…っそんな風に触られたら…っ…)
熱くなった先端を、ピンッっと手で弾かれた
アナタ
や…!…あ…っ…
ヨンジュン
ヨンジュン
やらしー…
目を細めて口元に笑みを浮かべると、ヨンジュンの手がスルッと背に回る




一瞬にして指先でホックを外すと、下着から開放されて揺れる胸元にヨンジュンは顔を埋めた




__ピチャ
アナタ
…ふ…っあ…!
生暖かい舌が、硬くなった突起を舐めた




時折軽く歯を立てられる度、跳ねる身体に電撃が走る
その痺れは甘い




甘くてそれは、快楽と呼べる…?




__クチッ
だってもうこんなに…__
ヨンジュン
ヨンジュン
すげぇ濡れてんな
アナタ
やっ…だ…ちがッ…
ヨンジュン
ヨンジュン
違くねぇよ。ホラ
__クチッ…クチッ
ヨンジュン
ヨンジュン
ムリヤリされて濡らしてんの?気持ちい?
アナタ
…んッ…────!
アナタ
…ぁ…ダっ…あ、っ…
ヨンジュン
ヨンジュン
あーあ、ビショビショ
アナタ
…や…
──ク…ッ…
アナタ
…あッ…!!
─────感じてる?
ヨンジュン
ヨンジュン
…あなた、脚開けよ…グチャグチャにしてやる
アナタ
…っ…
抵抗しなきゃ




嫌がらなきゃ




この手を振り払って逃げなきゃ




分かってるんだけど




釘付けになる