無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

私はリア充生活がしたいの!
 私、早見悠香!

 この春から米麹高校に通う普通の女の子♡

 初めて入る教室は賑やかでとっても良い感じ♪
徳武伊織
徳武伊織
こめ~らいす~♪真っ白なあなた~♪
 良い感じ。
徳武伊織
徳武伊織
よっ、悠香!幼なじみで同じクラスとか、偶然にしたって運命的だよな!
 良い……。
クラスメイトA
何あの二人……
クラスメイトB
ってか、歌下手すぎない?
クラスメイトC
そんなに言うと聞こえちゃうよ~
徳武伊織
徳武伊織
ってか、髪型変えたよな。前のも良かったけど、今も可愛い。
徳武伊織
徳武伊織
やっぱりお前はアイドルになるべき……まい☆らいすに電撃加入して……
クラスメイトA
いわゆる残念なイケメンってヤツ?
クラスメイトB
ってか、あの子とできてんの?
クラスメイトC
そんなに言うと聞こえちゃうよ~
 ……。
早見悠香
早見悠香
ちょっと来て
 私は伊織の手首を掴んで教室の外に出た。


 × × ×

早見悠香
早見悠香
私はね、これから一般的な女子になるための修行を始めるの!
早見悠香
早見悠香
頼むから奇行で目立たないで!その上私に話しかけないで!
 伊織が不思議そうに私の顔を覗き込む。

 切れ長の黒い瞳。日本人離れした端整な顔立ち。艶やかな黒髪のウルフカット。手足が長く、引き締まった見事なスタイル。

 伊織の異常なまでに整った外見が恨めしい。少し、ほんの少しほだされそうになる。
徳武伊織
徳武伊織
お前はお前の方が良いのに、なんでそんなことすんだよ
 伊織はそうやって私をからかうだけで、私に協力しない。

 私の本気を相手にしない。
早見悠香
早見悠香
き、昨日さんざんRICEで言ったでしょ!私は陽キャになりたいの!もう話しかけんな!
 私は伊織を置き去りにして教室へ帰った。

 ざわつくクラスメイトに、人違いだったみたいと苦しい言い訳をして、担任の到着を待った。


 × × ×


 入学式も終わった放課後。

 私の周りから、伊織以外のクラスメイトは消え去った。

 勿論比喩だ。つまるところ、伊織以外のクラスメイトから避けられるようになった。

 私は人目を避けるように、伊織を屋上に連れ出した。
徳武伊織
徳武伊織
なんつーか、最終的には俺の元に返ってくる運命だったみたいだな!よかったよかった
早見悠香
早見悠香
ふざけんな!!!
 涙を堪えて伊織を怒鳴りつける。本当に、本当に腹が立つし、悲しい。
早見悠香
早見悠香
私の努力を笑ってんのか!ころ……転がすぞ!
徳武伊織
徳武伊織
気付かないのか?
 掴みかかろうとした私の手を、伊織の両手が受け止める。

 力が、強い。
早見悠香
早見悠香
き、気付いてるよ。私がクソ間抜けなんて!
徳武伊織
徳武伊織
……はぁ
 伊織が私の手を離し、教室のドアに向って歩いて行く。
徳武伊織
徳武伊織
ちょっと飲みモン買ってくるわ、お前何欲しい
 伊織が私を振り返る。

 こうして立っているだけなら、本当に、本当に普通の、でも、普通よりも遥かに美しい男子だ。

 なんでいつも、こうでいてくれないんだろう。

早見悠香
早見悠香
……いらない
徳武伊織
徳武伊織
じゃあ、まい☆らいすとコラボ中の米ぬかウォーター、お前にも買ってくるわ
早見悠香
早見悠香
私も行く!こうなったらアンタの奇行を矯正する!
 そして、なんで私はそんな、どうしようもない幼なじみを放っておけないんだろう。


 × × ×


 学内の自販機が壊れていたため、私たちは近所のスーパー、コウエツキナーゼを訪れた。

 納豆売り場を通り過ぎようとしたとき、背後から綺麗な声で呼び止められた。
???
???
おい、お前達。なぜ納豆売り場を見ない
 伊織が私の腕を引く。視線で、声を無視しろと訴えてくる。

 なぜこういうときだけ常識的な態度をとれるのか、頭が痛くなる。
???
???
俺が揃えた全国各地の納豆だ、見ないと人生の十割を損すると断言できる
 はっきり言って私は声フェチだ。高校に入るまでは二次元アイドルのアプリとかでボイス再生しまくるのが日課だった。

 冷川ひやかわ大輔だいすけさんの美声は実に良い。最も高い、つまり最高だ。彼のおかげで高校受験を乗り切れたと言っても過言ではない。高校に入るにあたってオタクを卒業すると決めたが、彼への感謝を忘れるつもりはない。美声イズフォーエバーだ。

 しかし、私たちの後ろから声をかけてきたヤツは、いくら声が綺麗でも関わっちゃアカンヤツだ。確実に頭がおかしい人だ。

 伊織が私の腕を引いて歩く。本当に、なんで普段からこういうしっかりした態度を取ってくれないのか。

 今なら素直にカッコいいって言え……。
???
???
納・豆・は・最・高・だ・ぞ!!!
 肩に、伊織の手とは明らかに違う、華奢さもあるが力強さもある手が乗る。

 マズいと思いつつも、反射的に振り返ってしまう。
???
???
やっと見る気になったか、一年生
 か。
早見悠香
早見悠香
カッコいい
徳武伊織
徳武伊織
はぁ!?
 サラサラと流れる綺麗なブロンド。異国の血を思わせる碧眼。掘りの深い端正な顔出ち。

 伊織も大概だが、このヤバいヤツも相当に……。
早見悠香
早見悠香
カッコいい
???
???
だろう?納豆こそ人類の叡智が生み出した至高の発酵食品だ
 私の語彙力は消失した。