無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

納豆の敗北
 なんで金剛地先輩カナ?

 伊織との約束のはずなのに、なんで現れたカナ?
夏焼ファンA
あの人、カナのコス?
夏焼ファンB
ライブにコスで来るとかアリエンティ
夏焼ファンC
カナの衣装に全身茶色とかあったっけ?
夏焼ファンD
外国の人っぽいしコスじゃなくて生まれつきリアル夏焼なんじゃん?
 え?リアル?リアル夏焼?声は違うけどリアル夏焼??どういうことカナ???

 つまり夏焼奏は実在美青年?眼前にいると言っても過言ではない??
早見悠香
早見悠香
あ、あ、あ、あ、あ
金剛地零哉
金剛地零哉
息抜きの場なのだろう?何を緊張している
早見悠香
早見悠香
リア、リアリア、リアル夏焼奏???
 やめられない止められない目の前にリアルカナ疑惑!

 やめて私、本当に死んじゃう!カナに全身納豆色の衣装とかないけど死んじゃう!
早見悠香
早見悠香
ししし死ぬ?死んじゃう??さらばい??アディオス??グーッバイ??
徳武伊織
徳武伊織
っておい、悠香!
 あ、救いの神。遅いよ、助けて死んじゃう。……カナ。



 × × ×



 私たちは会場内に移動した。リアル夏焼ではなく金剛地先輩はチケットを譲ってもらったらしく、すんなり入れた。

 まぁ、それはいい。色々突っ込みたいけどそれはいい。問題は座席順だ。

 よりによってなんで私の両隣がレベルの高すぎるイケメンになるカナ!

 私だってリア充目指してた時代に雑誌見て買い込んだリア充服を着てるけど、その程度じゃ到底対抗できない顔二つに挟まれてるよ!オタサーの姫にすらなれないレベルだよ!
早見悠香
早見悠香
カナ……なんでカナ、しぇんぱいがいるのカナ
徳武伊織
徳武伊織
お前の寝言が原因なんだけど
 大天使伊織曰く、金曜日のパンフ読みの際に私が寝言でデート的なもののことを全てぶちまけてしまったらしい。

 大天使がどえらい不機嫌だ。いや、本当にごめんなさい。首吊ってお詫びします。

 でもリアル夏焼ではなく金剛地先輩は嬉しそうだ。両手に藁納豆を握ってる。納豆くさい。

 これはリアル夏焼ではない。金剛地先輩だ。納豆くさい。
早見悠香
早見悠香
カナ、なっとだめカナ?くさいカナ?
金剛地零哉
金剛地零哉
ペンライトとは応援の意を込めるものなのだろう?ならばこれが俺のペンライトだ!それと納豆はくさくない!かぐわしい!
徳武伊織
徳武伊織
しまってください。ただの害です
 私は予備のペンライト二本を金剛地先輩にさしだした。金剛地先輩は困惑している。
徳武伊織
徳武伊織
藁納豆なんて振り回してたら締め出されても文句は言えませんよ
金剛地零哉
金剛地零哉
そういうものなのか。……チケット代もバカにならなかったからな
 金剛地先輩は納豆色のバッグに藁納豆をしまって、両手にペンライトを握った。



 × × ×



 ライブは最高だった。いや、最高だったなんてもんじゃない、天国だった。
早見悠香
早見悠香
カナァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!
 冷川さんのウィンクが私に飛ぶ!私はすかさずウィンクを返す!

 黄色のペンライトがうなる!暴風を巻き起こす!(比喩)



 × × ×



 興奮冷めやらぬまま私たちは帰路についた。はぁぁぁぁぁぁ……カナ……。

 隣の伊織も満足げにサイリウムを握ったまま歩いている。サイリウムを握る伊織を見ると落ち着く。……なんだかなぁ。

 そして初参戦の金剛地先輩はというと。
金剛地零哉
金剛地零哉
……納豆
 語彙力喪失していた。