前の話
一覧へ
次の話

第49話

49 番外編 ④
1,138
2019/03/26 01:58
.






西島隆弘said



あの後家に帰って、まず最初に連絡したのは


秀太。





隆弘
 今仕事中? 
秀太
秀太
 うん
今ちょうど休憩中
隆弘
 話したいことがあるんだけど。
あなたのことで。

そうメッセで送ると、すぐに電話がかかってきた


隆 「 📞 急にごめんな 」

秀 「 📞 全然 」

秀 「 📞 どうした?あなたになんかあった? 」

隆 「 📞 いや、あのさ、 」

隆 「 📞 俺、あなたのこと好きだったんだ 」


それから少しの沈黙


秀 「 📞 気づいてたよ、俺は 」


まさかの一言に動揺して


隆 「 📞 え?うそ、おれ、えっ、 」

秀 「 📞 落ち着けって " 」

秀 「 📞 同じ人を好きになったんだからわかんの 」

隆 「 📞 そっか、そーだよね 」

秀 「 📞 まあ、西島は俺の気持ち

気づいてなかったみたいだけどな " 」

隆 「 📞 うん、全然気づかなかった 」

秀 「 📞 なんででも急に? 」


あ、そうだ

本題言ってなかった


隆 「 📞 あ、あのさ 」

隆 「 📞 俺、あなたに告った 」

秀 「 📞 そう。」

秀 「 📞 で、あなたの答えは? 」

隆 「 📞 もちろん、ごめんなさい。だよ 」

秀 「 📞 ま、あなたを他のやつに渡すつもりは

さらさらないからな、俺 」

隆 「 📞 わかってるよ " 」

隆 「 📞 簡単に手放したら俺が許さねえ 」

秀 「 📞 あははっ 」

秀 「 📞 だろーな 」

隆 「 📞 おう。」

隆 「 📞 まあ、話はそれだけ 」

隆 「 📞 仕事中にごめんな 」

秀 「 📞 全然 」

秀 「 📞 じゃーな 」

隆 「 📞 おう。仕事頑張れ 」

秀 「 📞 ありがとう 」


(( ピーピー


秀太怒ってなかったな。

まあ、あいつは優男日本代表だからな

真司郎、にはあとからでいっか。

もー寝よ。


恋はもういいや。

仕事一筋!!



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


作者です


とりま、にっしー編は終わり〜

なんかもうネタがなくて。

あと最近はインスタの方でね

活動してるんです〜


良かったら繋がっていただけるとうれしい!!

一昨日このアカウント作ったばっかりで

寂しい感じなんです今。"


でわ!!

またネタが思いついたらこの小説

番外編を更新するので

♡と☆、 フォロー も

よろしくお願いします!!



プリ小説オーディオドラマ