無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

5,458
2021/11/26

第165話

.
ジョングク
ジョングク
は?冗談でもムカつくんだけど
テヒョン
テヒョン
冗談じゃないんだけど
あなた
(また始まった……)
ジミナと目を合わせ肩を竦めた。

グラスを持ってお酒を口に含み、

彼とテヒョンの言い合いを

いつ止めようか様子を伺っていると
ジウヌナ
ジウヌナ
…ぐぅちゃん?
個室を覗いてくる綺麗な女性が彼を呼んだ。
ジョングク
ジョングク
……ジウヌナ…?
彼が目を見開く。
ジウヌナ
ジウヌナ
っ!覚えてたの?久しぶり
パァッと笑顔になるその女性は笑うと

一気に可愛くなる。
ジョングク
ジョングク
久しぶりだね、ジウヌナ
彼もまた頬を緩めて、その女性を見るから

チクリと胸が痛くなった。
あなた
こ、ここ座りますか?
なぜか気を遣って、私がテヒョンの隣に座り

彼の隣に座るよう女性に促してしまう。
ジウヌナ
ジウヌナ
ありがとね♪
ふわっと香るいい匂い。

彼の隣に座り込んだ女性は、彼を覗き込んで

またニコッと笑った。
ジウヌナ
ジウヌナ
相変わらずカッコいいね、ぐぅちゃん
…ぐぅちゃん……。

渇いた喉を潤すようにお酒を口に含んで、

向かい側にあるカウンターから見える景色を眺めた。

黙り込むテヒョンに、彼とその女性がどういう関係か

気になって身を乗り出すジミナ。