無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

298
2021/07/21

第3話

日常 2(後編)
ぺいんと
ぺいんと
死神くん…
ぺいんと
ぺいんと
………好きだよ。
死神
死神
え……
あぁ……何してんだ、俺…
絶対、フラれるじゃん…
だって…死神くんにとって…俺は……
ただの友達なんだよ…?
その場にへたり込む。
ぺいんと
ぺいんと
……………ごめん…忘れて…
死神
死神
嫌です。
間髪入れず返ってきた。
ぺいんと
ぺいんと
…え?
死神
死神
絶対、忘れません。
死神
死神
一言一句、忘れてあげません!!
死神くんの剣幕に驚く。
ぺいんと
ぺいんと
え…なんで……?
死神
死神
忘れたくないからに決まってるじゃないですか!
ぺいんと
ぺいんと
だって…覚えてても何の利益も無いよ…?
ぺいんと
ぺいんと
あぁ…そうか…後で、俺の居ない所で笑い話にするのか……はは…
完全に自暴自棄になってしまって、ネガティブな言葉ばかり出てくる。
死神
死神
なんで…そんなこと、僕がすると思うんですか…!
死神
死神
ぺいんとさんのばか…!!
死神くんは泣きそうになりながら、床に膝をついて座っている俺を抱きしめた。
ぺいんと
ぺいんと
…死神くん…?ダメだよ…そういうのは、彼女にやってあげなよ…
死神
死神
今、やっているんです。
ぺいんと
ぺいんと
え……?
泣きそうになる。
死神くんの暖かさが心地良くて…
死神
死神
今!!彼氏に!やっているんです!!
ぺいんと
ぺいんと
彼…氏…?
死神
死神
そうです!良いですか、ぺいんとさんは、今日から僕の彼氏です!!
死神
死神
貴方から告白してきたんですからね!
拒否権なんてありませんよ!!
それは…拒否する理由なんて無いだろ…
ぺいんと
ぺいんと
俺で良ければ…
付き合ってください…
死神
死神
あーっ!!僕の、取っておいたセリフ奪いましたね?!
ぺいんと
ぺいんと
………
フラれることへの恐怖で、死神くんがワーワー言っている事が聞こえない。
死神
死神
………良いですよ。付き合ってあげても!
ぺいんと
ぺいんと
…あ、ありがと…っ
涙がポロポロとこぼれる。
トラゾー
トラゾー
おめでとっ!!
クロノア
クロノア
おめでと〜、お幸せに〜!
ぺいんと
ぺいんと
ありがとぉ……
死神
死神
ありがとうございます!!
これからも、いつまでも、一緒に居ようね。
ぺいんと
ぺいんと
死神くん。
死神
死神
はい?
ぺいんと
ぺいんと
大好きだよ。
死神
死神
え?……ちょっと、もう1回言ってください!!
ぺいんと
ぺいんと
やーだ♡