無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prolog✨✨✨✨
私の夢は、バレーボール選手
世界ユースのお誘いが来たときとっても嬉しかったのを覚えてる
でも、世界ユースになったのもつかの間
幸せな時間は長くは続かない
仲良かった友達に言われた言葉
それは『何で?何で!?あんたなんかが選ばれるわけ?私の方が頑張ったのに!!』
私だって頑張った、その結果がユースの道に繋がった
なのに、なのに、ううん
『私だって努力したの、好き勝手言わないで』
これでいい、もうなにも言われたくない