無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

58
2020/12/29

第3話

先生
席は……

何故か、自分の隣がいいと思ってる自分がいる
先生
瀬戸の隣な

瀬戸…瀬戸…………




え、僕!?
月谷あなた
瀬戸さん……?
瀬戸
は、はい!?
月谷あなた
よろしくね
瀬戸
あ、よ、よろしく
先生
瀬戸、放課後校舎案内よろしくな
瀬戸
は、はい!


まさか僕の隣になるとは思ってなかった…



やば、めっちゃ緊張する……












~放課後~
瀬戸
案内するよ
月谷あなた
ありがとう
瀬戸
月谷さんは何処からきたの?
月谷あなた
……

あ、あれ?


僕変なこと言った?
瀬戸
どうしたの?
月谷あなた
何処でしょー?
瀬戸
え……

あ、なんだ…


そういうことか……
瀬戸
北海道?
月谷あなた
ぶっぶー
瀬戸
新潟?
月谷あなた
ちがいまーす

校舎を案内しながら都道府県を全部言ったけど、


正解は1こもなかった

瀬戸
あれ、全部言ったよね…?
月谷あなた
日本は…ね?

ってことは……
瀬戸
か、海外!?
月谷あなた
うん
月谷あなた
そうだよ
瀬戸
帰国子女ってことだよね?
月谷あなた
うん
瀬戸
じゃあ……英語ペラペラ?
月谷あなた
まあね
瀬戸
いつから海外いたの?
月谷あなた
生まれてからずっと
瀬戸
え…?

じゃあ……何で…………?
瀬戸
日本語上手だね
月谷あなた
え、あ、えっと……
月谷あなた
お、お母さんが日本人だからさ…!
瀬戸
そ…うなんだ……



今、明らかに焦ってた…。










月谷さん、嘘つかないでよ…………





君は何者なの…?




何で本当のことを教えてくれないの…?






















     「隠さないで僕に教えてよ…」