無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

転校生


山稲高校、二年B組。








地元では普通の高校より、偏差値が低い高校だ。










今時にヤンキーやギャルが入学してくる、いわゆる
「頭が悪いヤツらが行く」という感じの高校。








・・・そんな高校の、ある日の朝。















生徒
ーーーーーーおい、このクラスに
転校生がくるらしいぞ!!
生徒
マジで?!


一気に騒がしくなる教室。


生徒
女?おい、女か?!
生徒
ちょっと、そんなこと
どうでもいいでしょ!
生徒
え~、イケメン男子がいーなー♪
生徒
なぁ、女か男か分からねーの?
生徒
知らねーよ!
俺だって担任が話してんのを
ちょっと聞いただけだったし・・・
生徒
「「「え~・・・」」」
生徒
お前らな…揃いも揃って「え~」って…

無駄にシンクロするのはやめろ!
ムカつくわ!!💢
生徒
ま、ホームルームになれば分かるっしょ
生徒
そだねー
生徒
あと二十分もあんじゃん…

あー早く来ねーかなー♪ホームルーム~
生徒
無視か!!💢















二十分後。。。













ーーーガラッ



担任
担任
はい、皆さん席についてー
担任
担任
えー、おはようございます!
生徒
「「「オハヨーゴザイマース」」」
担任
担任
・・・はい!今日からですねー、
もう皆さん知って…ますね、はい。

転校生が一人、このクラスに来ます!
生徒
「「「ウェーイ!!!」」」
   👏👏👏👏👏


口笛を鳴らす者、他の奴と喋りっぱなしの者、
我関せずの者、早く見たいと急かす者。。。

担任
担任
はいはい、落ち着いて。


ーーーーーー静かに!


あっという間にざわざわと騒がしくなった生徒達を
まとめる担任。





しかし、問題児達が多く集まるこの学校にいるだけは
あって、まとめるのもあっという間である。



担任
担任
ーーーはい、いいですか?

転校生を呼ぶ前に・・・
皆さんに一つ、お願いがあります。
生徒
「「「?」」」
担任
担任
転校してきた方は、少し珍しい容姿を
しています・・・しかし、皆さんと
なんら変わりはありません。

皆さんの中にも、ちらほら…髪を
染めている人がいますよね?
校則違反ですが。
生徒
せんせ~。そんなことどーでも
いいんで、早く転校生呼んでくだサ~イ
担任
担任
・・・💨
担任
担任
ーーーとにかく。
差別などはしないように!以上!
生徒
「「「うィーす」」」
生徒
(差別?なんで?)
生徒
(さぁ?)
担任
担任
はい、じゃあ入って来て~
生徒
( ( ( ワクワク💓 ) ) )











その担任の言葉で、教室のドアが開く。











ーーーーーーガラガラガラ…





















・・・生徒達は、転校生を見ると
ポカンとした顔で固まってしまった。










仕方ないよね~、こんな髪と目なんだし。







ーーーーーーさて、第一印象は大切だよね!

自己紹介しなきゃ。。。







・・・と、転校生は考える。
























桃香
桃香
     ロクセイ
ーーーーー陸聖高校から来ました、
稲葉桃香といいます!
これから、よろしくお願いします!




再びざわざわし始めた生徒達にも、
ニコッ、と笑う桃香なのだった。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー














作者
作者
はい、どーも作者でーっす🌠
作者
作者
なっがーく、投稿してません
でしたね~すんませんです🌟
作者
作者
さて、高校生!いーっすねーw
作者
作者
ボクより年上設定なんスけどね(笑)
作者
作者
まぁ今日はここらで
作者
作者
眠いんで🙏
作者
作者
じゃ、そゆことで~♪
作者
作者
See you again🌟