プリ小説

第8話

姉弟以上にはなれませんか?
あなた

ごっ…ごめん、マサイくんっ…

あなた

わ、わたし用事あるからっ…

マサイ
マサイ
用事なんてないでしょ。
夜だし。
と言って服を脱がそうとする。
あなた

や、、やだっ…!

必死に抵抗する私。
マサイ
マサイ
もう、抵抗しないで
と言って、何かも分からない液体を飲まされた。
あなた

んっ…なにこれ、、
変な味。

あなた

あと、もう離してっ…

マサイ
マサイ
やーだーっ
マサイ
マサイ
(そろそろ効いてくっかなー
あなたside…

ん、、何であそこがじんじんするんだろ。

ほんとにこういう経験したことないから

よく分からない。

むずむずする…
あなた

んっ…

あなた

やっ、、なんでこんなに…?!

気づけば下着も濡れていた。
マサイ
マサイ
媚薬飲ませたの。
こうでもしないとあなた
従わないから。
ほんとに嫌だ…って思ったけど…

何か…触ってほし…い…かも…
あなた

ま、、マサイくんっ…
続けて…くださいっ…

マサイ
マサイ
言われなくてもそうする気だよ
と言って服を脱がす。
あなた

んんっ、、やっぱ恥ずかしい…

あなた

やめた____

マサイ
マサイ
チュッ…クチュ…
あなた

んはぁ…んん…

キスをしている間に全て脱がされ、裸だ。
これから何をされるかと思うと

ゾクゾクしてしまう…

シルクがいるのに…

シルク?

何でシルクって思ったんだろ。

弟なのに。

よく分からない。。
マサイ
マサイ
これから楽しませてあげるニヤッ
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

更新遅くなってしまい、ほんとにすみません…

訳があるのです…

最近、高一になりいろいろあって

精神的にきつくなり、

今日はあげられないかな…って

感じでした。。

これからも更新は不定期になると思います…

ほんとにごめんなさい。。

でも、たくさんのお気に入り、いいねが

増え、それにも助けられています。

本当にありがとうございます!

こんな私ですがこれからも

よろしくお願いします!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ぬんぬん
ぬんぬん
Fischer's大好き シルク&箱推し 気まぐれ&亀更新… 小説はパクらないでください… Fischer'sなどじゃなくても やめてください Twitterやってます!! 🐟ゆずぬ🐟という名前でやってます! フォローお願いしまーす!!