無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

藍白小説
藍沢said

俺、白石の事好きなのかなぁー?みんなに言われてから、なんか胸騒ぎがすごいんだよなぁー。

白石said

はぁー。緋山先生も冴島さんも、おかしいな。でも、私好きなのかなぁー?はぁー。でも、なんだか胸騒ぎが、すごいんだよねぇー。

【翔北】

白石:緋山先生、冴島はんちょっと。
緋山、冴島:うん。

【仮眠室】

緋山:どうしたの?
白石:いや、昨日さ、藍沢先生のこと好きって聞かれてから、胸騒ぎがすごいんだよね!
冴島:あっ、それはもう、好きだね!
緋山:うん。好きだね!
白石:これが、好きなの?
冴島、緋山:うん!そう!
緋山:早く、くっつきなさいよ!