無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

13
2021/07/01

第11話

七味唐辛子(アズサ)
アズサ
お待たせ、○○○○
ご注文、ありがとう

あなた
(うなずく)

アズサ
僕の好きなものは七味唐辛子
さすがに、そのままってわけにもいかないから麻婆豆腐にいれたよ
辛いの平気?

あなた
(うなずく)

アズサ
召し上がれ

あなた
(手を合わせる)

ぱくっ

もぐもぐ

アズサ
美味しい?

あなた
(笑顔でうなずく)

アズサ
僕にしてほしい事ある?

あなた
(ドSコースをさす)

アズサ
わかった

ドキドキ

アズサ
ねぇ、僕と一緒にお話しよ
血も飲みたいけど、今日はお話したい気分なんだ
でも、寝る前にはちょうだいね?(ニコッ

あなた
(顔を赤くしながらうなずく)

アズサ
ふふ、顔赤いね
満足してくれた?

あなた
(うなずく)

時計を見る

アズサ
お出かけの時間なんだね

あなた
(うなずく)

アズサ
玄関まで送るよ

あなた
(頭を下げる)

アズサ
行ってらっしゃい、○○○○
また、帰ってきてね
僕が出迎えてあげる

あなた
(うなずく)

カランッカランッ

END