無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

やだぁハァト
『王様ゲームとかいうクソゲー(((一生やりたくない』


葉月「それなぁぁぁ
"誰か"さんにメイド服とか着せられた」


きと「そうそう、"誰か"さんに」


え、めっちゃ根に持ってるだけども


『めんごめんご☆』


葉月「おい?」


『大変申し訳ありませんでした』


葉月「よろしい」


何様だよ((((


きと「先輩に謝られるといい気がしますねぇ」


え、めっちゃうざい((((((((


………


『てか、もう外暗い』


葉月「ほんとだ」


『だから帰って?』


生徒会「え?」


きと「そこは暗いから泊まってっていいよ」


葉月「じゃないの?」


じゃないね


『暗いから帰れ?』


葉月「こんなか弱い乙女を暗い中帰らせる
気?」


きと「そーですよ!((」


『いや、君達シェアハウスらしいし、
生徒会とかいう男子達がいるやん』


きと「…」


葉月「ま、あなたに拒否権ないけどね☆」


『え』


葉月「て事で泊まるぞー」


生徒会「おー!」


家の主に許可取らないんか、おい


………


結局、生徒会全員泊まるってばよ(白目)


『じゃ、晩ご飯です』


葉月「あなたの美味しいご飯久しぶりだなー」


『葉月、我氏のご飯食べた事ないやろ』


葉月「そうだったテヘペロッ♡」


『、、、葉月、、それは無理がある(((』


葉月「ひどいじゃないの」


『(無視)よし、作るぜ』


葉月「あっ、ワイも手伝う」


トントン「俺も手伝うで」


紳士かよ…あ、葉月がいるからか


きと「私も手伝います!」


いや、


『きとはいいよ』


きと「え?」


『きとといちゃつきたい奴らが沢山いるからね』


きと「え//」


『て事できとちゃんは生徒会らといちゃついててね』


コトコトジュージュー


(ごめん、料理の時の効果音わからんby作者)


『出来たぜ、我ながら美味しそう』


葉月「それ、多分自分で言わないやつ」


………………………………………………………………


えーと本編大変遅れてしまいごめんなさい💦


次回はご飯食べるのと女子会ですッ


ばいばいッッ



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

𝚢𝚞𝚊
𝚢𝚞𝚊
こんにちわ! 誰か名前考えて((((唐突 コメントくれたら秒で返しにいきますッ やってほしい作品などやってほしい事などが あれば、コメントで書いてくれればなんでもしますッ 実況者/歌い手/アニメ/漫画 よろしくお願いしますッ
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る