無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

出会い①
夜🌃🌙*゚
You
You
寒い……
どうしよ….
ハユン
ハユン
おねえちゃーん
寒いよー…
ハジュン
ハジュン
ねぇねー
ちゃむい(さむい)………
You
You
そうだよね
ごめんねハユン、ハジュン
それは、その日あなたが学校から帰ってきた時だった…
お母さん
お母さん
あなた、ハユン、ハジュン
もうあなた達の顔を見たくない
この家から出ていきなさい
You
You
なんで?
急にどうしたの?
お母さん
お母さん
お母さん、もうあなた達を育てることが出来ない
早くこの家から出て行きなさい!
ハユン
ハユン
いやだよ…おかあさんともっといっしょにいたいもん!
ハジュン
ハジュン
おかあたん…( ´ •̥  ̫ •̥ ` )
You
You
分かったよ…
ハユン、ハジュン行こ
そうしてあなたとハユン、ハジュンで家を出ていった…
お金はあなたの残りのお小遣いのみ…あとはスマホ、着替え…それしか持ってきてなかったのだ
You
You
はぁー…どうしよ
そうして3人は公園のベンチに座った
ハユン
ハユン
おねえちゃん、ねむいよ
ハジュン
ハジュン
ねぇね、ねむいよ( ´ •̥  ̫ •̥ ` )
You
You
ごめんね…
お布団は洋服で我慢して…
こうして、3人は夜を過ごすことになった…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
どうも作者です
作者
作者
すみません😅
次でバンタン出すつもりです!
作者
作者
次もお楽しみに!