無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

ユンギの誕生日(番外編)
あの、気になる人いません?

【ユンギの誕生日(ホソク編)】で、

何故インターフォン押してるのにメンバーが出なかったのか。

その説明として、番外編作ってみました。

それではどーぞ。




2人は着いた。

ホソク「\ピンポーン/」

ジン「来たよ!」

ナム「みんな、クラッカー持った!?」

ホソク「\ピンポーン/」

ジミン「早くしないと…!でもテテのが!」

テテ「僕のがないです!」

グク「そこのソファーの下に転がってますよ!」

ε≡≡\( ˙꒳˙)/シュタタタタ

テテ「取ってきました!」

ホソク「\ピンポーン/」

ナム「もう大丈夫?」

ナム、ホソク、ユンギ以外「はい(うん)!」

こうしてドアを開けた。





ということでした。‪‪w