無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

ユンギの誕生日(おめでとう編)
2人は中に入った。

すると、

🎉🎉🎉🎉🎉🎉🎉🎉🎉パーン!

ユンギ「おぉー。( ˙-˙ )」

ホソク「ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!」←君が驚いてどうする。

ユンギ、ホソク以外「ヒョン(ユンギ)!センイルチュッカヘヨ〜!」

ユンギ「あぁ、ありがとう…」

ユンギ、ホソク以外「中に入ってください!」





〜このときのホソク〜
ホソク「o(;-_-;)oドキドキ」







7人は中に入った。

ユンギ「うわ、凄いな」

グク「飾りは2人でやったんです!」

ナム「そうですよ、ヒョンのことを思いながらやりました!」

ユンギ「ありがと、ありがと。」

グク、ナム「❀.(*´▽`*)❀.」

ユンギ「この料理は?ヒョンが?」

ジン「そうそう、ユンギの好きな肉あるぞ〜!」

ユンギ「そうですか、ありがとうございます」

テテ「で、このケーキ僕達が作ったんです!」

ユンギ「へぇー」

ジミン「褒めてくださいよ!‪w」

ユンギ「すごいすごい、ありがとうな」

クオズ「はい!(^^*)」

ナム「じゃあ、みんな席について、ご飯食べようか」

マンネライン「はーい」

ヒョンライン(ナム以外)「うん」

みんな席につき、飲み物を持つ

ジン「みんな飲み物持った?」

ジン以外「持ちましたよ〜!」

ジン「よし、僕の可愛い弟ユンギ!改めて、センイルチュッカヘ〜!」

ジン、ユンギ以外「センイルチュッカヘヨ〜!」

ヽ(*゚∀゚)ノ🍻ヽ(゚∀゚*)ノ

ユンギ「みんな、ありがとう」






主「めでたしめでたし!」

END