無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ユンギの誕生日(クオズ編)
そうしてケーキ作りが始まった。

テテ「何からするの?」

ジミン「前に走れバンタンでホイップクリーム作ったでしょ?それをテヒョンはやって、僕は苺カットするから。」

テテ「わかった!」

二人とも作業を始めた。

ジミンがテヒョンを心配して見てみたら……

テテは高速で手を動かしていた。

ジミン「(((;゚;Д;゚;)))」

テテ「=͟͟͞͞(ಠ益ಠ=͟͟͞͞(ಠ益ಠ=͟͟͞͞(ಠ益ಠ)」

そして一瞬で

テテ「出来た。」

ジミン「はや……」

テテ「これをスポンジケーキに塗ればいいの?」

ジミン「お、お願いします…」

テテはめっちゃやる気になり、買い物よりもはやくケーキが出来上がった。

ジミン「完成!」

テテ「ふぅ、疲れた〜」

ジミン「お疲れ‪wじゃあ休憩!」

テテ「やったぁあ😆♥」

無事、ケーキ作り完了!