無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

ユンギの誕生日(ホソク編)
よし、ホソク編でーす!

ホソク、現在お電話中。

ホソク「ヒョン、今日用事あります?」

ユンギ「ない。」←初登場なのに「ない。」以上。

ホソク「今から、メンバー全員で集まろうと話してたんです。ヒョン来ませんか?」

ユンギ「曲作らなきゃいけない。」

ホソク「少しだけでも来ませんか?」

ユンギ「…行く……。」




主「本当は初めから行きたいと思っていたユンギ。」

ユンギ「うるさいぞ」

主「はい。話戻ります。」



ホソク「じゃあ今から迎えに行きますね!」

ユンギ「ん。」

電話終了。

ホソク「よし、みんな準備出来たって言ってるし最後は僕の役目……!(*・ᴗ・*)وヨシ!」

ホソクはユンギの家に行った。

ホソク「ヒョン〜」

ユンギ「ん。」

ホソク「行きましょ!」

ユンギ「うん。」

2人はみんなが待っている場所へ着いた。

ホソク「\ピンポーン/」

ユンギ「……」

ホソク「\ピンポーン/」

ユンギ「……ん?」

ホソク「\ピンポーン/」

ユンギ「……いないのか?」

ホソク「え、ここなんですけどね‪w\ピンポーン/」

ユンギ「はやく開けr」

ガチャ

ホソク「あ、空いた。」

ユンギ「やっと入れる……」

ホソク「そうですね」

2人は中に入った。