第3話

いちわ
523
2023/04/07 10:30






不死川実弥
 おい、宇隨の嫁どーなってんだよ 































甘露寺蜜璃
 あなたちゃん、あなたちゃん!
あなた
 蜜璃さんどーしたんですか??
甘露寺蜜璃
 ここの団子屋すーっごく美味しいのよ!
あなた
 蜜璃さんはいつも食べ物の話してますね笑 
甘露寺蜜璃
  食べ物って考えるだけでも幸せじゃない♡





任務の帰り、たまたま蜜璃さんと会って

一緒にお屋敷に戻ることに。




甘露寺蜜璃
 あなたちゃんはこーゆーところ行かないの?
あなた
 そーですねぇ.... 









まきを
 ごら!!先にあなたにあげるんだって!
須磨
 お腹空きましたぁ泣 
雛鶴
 2人とも店の中よ?
あなた
 私のことは気にしないでいいですよ 
まきを
 で、でも!
あなた
 須磨さんが食べたいなら私はそれでいいです 
須磨
 あなたちゃぁぁん泣 









甘露寺蜜璃
 あなたちゃん?
あなた
 あ、すみません!
甘露寺蜜璃
 あなたちゃんがぼーっとするなんて!
あなた
 少し大好きな人達を思い出して.... 
甘露寺蜜璃
 あら!素敵だわ〜♡ 






なんて話していたら....






至急、お屋敷へ!
甘露寺蜜璃
 あら、何かあったのかしらぁ 
あなた
 そーですね.... 






お屋敷へ着くと柱達が揃っていた。

それと....男の子が倒れていた。



一体、どーゆーことだ....。




話によると、

この男の子は"竈門炭治郎"という少年で

鬼になった妹を連れて任務に出ているみたい。



もちろん、柱達は黙ってはいられなかった。



鬼狩りが鬼を庇うなどおかしいからだ。

私も正直、有り得なかった。



また、竈門炭治郎を庇った富岡さんまでも

罪に問われるそうだ。




不死川実弥
 なんだか面白いことになってるなぁ 
不死川実弥
 鬼を連れたバカ隊員ってのはそいつか?




不死川さんは何かの箱を持っていった。

隠がその箱から離れるよう不死川さんに声をかけている。



胡蝶しのぶ
 不死川さん、勝手な行動しないでください 
不死川実弥
 鬼が何だってぼうず 




不死川め、胡蝶様の話を無視するとは....!!!!




不死川実弥
 鬼殺隊として人を守るために戦える?
不死川実弥
 そんなことはなぁ、

不死川実弥
 有り得ねぇんだよバカがぁ!!!





そう言って、不死川さんは刀を取り出し

箱を刺した。



竈門炭治郎
 俺の妹を傷つける奴は!!
竈門炭治郎
 柱だろうがなんだろうが許さない!!!





箱の中に妹が......?!




不死川実弥
 ん、なんだあなた 




いつの間にか私は不死川さんの元へ走っていた。

そして、



不死川実弥
 っ......!!!



一応先輩である不死川さんを蹴ってしまった。




不死川実弥
 おい、宇隨の嫁どーなってんだよ 
宇髄天元
 にしても派手派手だなぁ....笑 
あなた
 あ、すみません!!!!

















































プリ小説オーディオドラマ