第27話

BTS ジン編
1,403
2019/02/06 07:07
実らない恋


You『』
ジン《》

教師と生徒と知っていながら


何故、ヌナに恋をしてしまったのだろうか


僕が君の事を

《ヌナ》


って言うと


君はすぐ照れてしまう


僕はそんな所に惹かれて行ったんだ


ドジな君も


僕に見せる姿も


全部僕のものだと思ってたのに




君は他の男と結婚してしまった



最初からわかってた


実ならない恋だから

傷ついてしまうこと






でも、好きになったのは

変わらない

この先も






今でも夢に出て来て


僕の心を締め付けるんだ


いい加減

君の事を忘れたいよ



お願い



僕を苦しめないで


僕を1人にして




それ以上

なんでもないんだ





















"ヌナ好きだったよ"





これで僕達の恋は終わりにしよ?


僕も大切な彼女がいるんだ


ヌナも旦那さんがいるだろ?



だからもう、キリをつけよう



《サヨナラ…》



もう、ヌナを思い出して

泣いたりしない



こんな恋愛を引きずっているから



僕の彼女である

あなたをいつも困らせてしまうんだ



あなたはヌナの妹だよね


僕が振られたあの日から


支えてきてくれた



僕が弱音を吐いても

『ジンオッパ、なら大丈夫!』


口癖のように


いつも言っていたよね
そして、ある日

『ねぇ、2番でもいいから付き合わない?』

なんて言われた

だから、僕は


ヌナの事を忘れたかっためだけに

あなたを利用したんだ




でも、本当は違う



本当は心の底から


君の事が好きだったんだ



だって、気づいてはいけない



そう思ったから



心を閉ざし



気付かないふりをして


君に接していたのかもしれない





もう、少し早く気づいていたら


君の事を困らすことは無かったのに











《ごめんな…》


『ん?』



《あ、いやなんでもない》




『ねぇ、ジンのそういう所が嫌い』



『別れよ…』

と唐突に言われた



知っていた


君がもう、僕を思ってないことぐらい


でも、この恋が終われば


僕はまた心を閉ざしてしまう



そんな事はもうしたくない


だから君を引き止めた

もう少しだけそばにいて欲しくて


《待って》


『何?』


《俺のそばに居て欲しい》


『オッパっていっつもそうだよね』


『私の事何も分かってないんじゃん』


『私がどれだけ辛かったか分かる?』


『この先付き合ってたら何かあるの?』


《幸せにするから》


《結婚しよう》



こんな形でしか

君を引き止められない


そう知っていたから


こんな事を言ってしまった

すると君は

『ほんとに大切にしてくれる?』


なんて少し怒り気味で言っているけど

君の目からは涙がこぼれおちていた


この涙は


悲しさの涙なのか


嬉し涙なのか


分からなかった



《うん。するよ》

『分かった』

『ずっとジンのそばにいる』


《ありがと》





それから1年_______________




今となっては2人の笑い話になった


あの日の出来事


『あの時はびっくりしたよ笑』

《俺も笑》

『私の事好き?』

《ううん》

『え?』


《愛してる》


『ジンのバカ////』

なんて頬を赤く染めている

あなたを見る度思うんだ


あの時

あの場所で

あの選択をしたのは


間違いではなかったと


後悔はしない


一生僕が君のそばに居るって

決めたから_______________


______________________________
ジン編でした!

どうでしたか?

出て欲しいメンバーがいたら言ってね!

プリ小説オーディオドラマ