無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
214
2020/10/19

第1話

満月の夜
ポロンッ
私の持つスマホが、世界共通の呟きアプリ、「ツブヤキー」に、呟くのが完了した、ポロンッという音を鳴らす。

「死にたい」

それが、私の呟いた内容だった。すると、すぐにコメントが来る。コメントの内容を見ると、

「死んだらだめだよ!生きてたら楽しいことあるよ!なんでも相談して?」

というものだった。
_神宮@かなみや_(なまえ)
神宮かなみやあなた
…ハァ。
お前らなんかに相談するわけねえだろ。
…なら何故、私がこんな呟きをするのか。
…それは、「勝手に死んどけ」と、言われるため。

…「死ね」と言われたら、死ねる理由ができる。

…でも、私は、「死ね」と言われない。死んではイケナイ。

生きてるか死んでるか分からないような毎日を、死ねずに生きている。
??
あなたちゃ〜んっ♡
_神宮@かなみや_(なまえ)
神宮かなみやあなた
…っあ、優香、ちゃ、…
_藍羅舞@あいらぶ__優香@ゆうか_
藍羅舞あいらぶ優香ゆうか
元気ぃ〜?元気にしててくれないと、私、困っちゃぁ〜う♡“頑張って生きてよね”♡
_凱陣@がいじん__喜鳥@きどり_
凱陣がいじん喜鳥きどり
ユーカ!…って、なんだ。あなたじゃん。“生きてくれてる?ウチらのために”w
_禹在@うざい__翆@みどり_
禹在うざいみどり
ふふっwそうだよ、“自殺とか考えないでねぇ〜?”ww
_神宮@かなみや_(なまえ)
神宮かなみやあなた
…っはい、ありがと、ございm
ガシッ
私の頭を、汚い手が掴む。
_凱陣@がいじん__喜鳥@きどり_
凱陣がいじん喜鳥きどり
礼儀がなってないなぁ〜?
やめろ。唾が飛んでる。汚い。キモい。触るな。
…そんな事、言えるはずがない。
_神宮@かなみや_(なまえ)
神宮かなみやあなた
…ありがとう、ございます…
そう言って、私は、頭を地面に擦り付ける。
_藍羅舞@あいらぶ__優香@ゆうか_
藍羅舞あいらぶ優香ゆうか
きったなぁ〜い!
_禹在@うざい__翆@みどり_
禹在うざいみどり
きもぉ〜www
_凱陣@がいじん__喜鳥@きどり_
凱陣がいじん喜鳥きどり
ま、許してくれるよネ?ウチら、“親友”、だもんなっ?
_神宮@かなみや_(なまえ)
神宮かなみやあなた
…っう、うんっ…そうだ、よね、親友、だもんね…ゆ、許すに、決まってるよ…
_藍羅舞@あいらぶ__優香@ゆうか_
藍羅舞あいらぶ優香ゆうか
わぁっ、あなたちゃん、優しい〜♡
_禹在@うざい__翆@みどり_
禹在うざいみどり
まぁ、当然だよねw
_凱陣@がいじん__喜鳥@きどり_
凱陣がいじん喜鳥きどり
じゃ、まったねぇ〜
そうして、アイツらは去って行った。
…アイツらは、毎日毎日、“生きろ”と言ってくる。
頼りにされてる命は、無駄にはしていけないんだ。
_神宮@かなみや_(なまえ)
神宮かなみやあなた
…お母さん、約束ちゃんと、守ってるよ…
〜〜満月の夜〜〜
_神宮@かなみや_(なまえ)
神宮かなみやあなた
今日は、満月だな。…散歩でもするか。
空って、不思議だ。気持ちを支えてくれる。

…私は、満月の明かりだけを頼りに、人気の無い海際を歩いていた。
_神宮@かなみや_(なまえ)
神宮かなみやあなた
…花びらが宙に浮いた〜…舞った一足のサンダル…♪
…その時。

ドンッ
_神宮@かなみや_(なまえ)
神宮かなみやあなた
っ、!?!?
私は…

海に落とされていた。
水面から、満月の明かりが差し込む。ゴボッっと、空気が逃げて行く。

寒い冬に耐える為に着込んだ重たい服が水を吸い込み、錘となる。そして、私を深い海の底へと吸い込んでゆく。

…ああ、だめ。死んでしまう。お母さんとの約束を果たせない…

…そして、私の意識は無くなった。
………………………………………………………………
続き…♡×1