無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

566
2021/09/08

第9話

衝撃の朝。
enn
enn
音羽!はよ歩いてや~!
遅刻するって!
音羽
音羽
ふわぁ~……あー。ねみぃ……
enn
enn
人のベッド占領しといてよぉ言うわ
しっかり大の字で寝てたやろ!
音羽
音羽
ennちゃん………気持ちえぇもん…
enn
enn
うん。それな?
変な意味に聞こえるからやめぇ。
アタシのベッドが!!
気持ちいいんやろ?
ちゃんと言わんかい!
音羽
音羽
んー………
そう言って、また大きなあくびをする音羽を見上げ
アタシは盛大にため息を吐いた。

朝が弱い音羽はいつもこんな感じで、
完全に頭が覚醒するまでに時間がかかる。

こんな音羽やから、朝はほんま一苦労で。
大体、
アタシの朝は、
音羽を起こしに行くところから始まる。

音羽のお父さんとお母さんは朝早くからの仕事で、
音羽を起こすのはアタシの役目。
貰った合鍵で音羽ん家に音羽を起こしにいく。

音羽を起こすのが、まぁ…また至難の業で…

もう何年も毎朝起こしてるから慣れたけど、
色んな方法試してきて…
結局、力わざが一番。
無理矢理叩き起こす。うん。それが一番早い。
それから、
寝てんのか起きてんのかわからない状態の音羽に、
ご飯を食べさせて、
顔を洗わせて、
着替えさせて…
ってやってたら、
登校するまでにざっと1時間はかかる。

たまに思うんやけど……
アタシ、いつから音羽のお母さんになったんやろ?
って。

んで、登校中もこんな感じやろ?
ぬぼーっとして、
あくびばっかで、
ふらふらマイペースに歩いてる。

こんなんが…イケメンって、
女の子にキャーキャー言われてんのやから、
不思議。

みんなこの顔に騙され過ぎやわ、ほんま。
こたつ
こたつ
え~んちゃん!おはよう♪
enn
enn
わっ、びっくりした~
なんや、こっちゃんかぁ。
音羽のペースでとろとろ歩いてると、
後ろから肩を掴まれた。
びっくりして振り返ると、
朝にぴったりな爽やかな笑顔のこっちゃんがいた。
音羽
音羽
俺もいるんやけど~
こたつ
こたつ
お~。音羽もおはよう。
音羽
音羽
めっちゃ、ついでって感じやん。
こたつ
こたつ
えー?そうかー?
あれ?音羽、覚醒したな。
珍し。
いつもなら1時間目の授業丸々寝て、
やっと覚醒するくらいなのに。

ってか、
この2人が並んで歩くと、
周りの女の子達の視線を全部集めてしまう。
ほら。
今だって、周りの女子の視線が2人に釘付け。
おまけに黄色い声まで飛んでくるし。

相変わらず人気者やなぁ…2人とも。

いや。その2人の間におるアタシって……
もしかして……邪魔?
確実に邪魔やんな。
enn
enn
……………………。
音羽
音羽
ennちゃん?
こたつ
こたつ
え、なんで急にそんな早歩きなん?
enn
enn
いや、うん。アタシ、先行くわ。
女の子達の………需要のために。
音羽
音羽
は?
こたつ
こたつ
は?
enn
enn
こっちの話!
2人はそのままキラキラ振りまいて
たらえぇと思うよ。うん。
音羽
音羽
え?
こたつ
こたつ
え?
enn
enn
じゃ、先行くわ!
音羽
音羽
ennちゃん!?待ってやぁ~!
なんでコイツと歩かなアカンねん!
こたつ
こたつ
いや、こっちのセリフやから!
enn
enn
ちょ、何で追ってくるん!?
先に行こうとしたのに、
追ってくる2人。
追われるから、
条件反射で逃げるように走る。

校門に近づくにつれ、
登校中の生徒の人が多くなって、
川のように絶えず流れていく人の中を、
縫うように走っていく。

────────って、
enn
enn
あ。
こたつ
こたつ
っと。急に止まってどないしたん?
校門前まで来て、急ブレーキ。
視界に飛び込んできた光景に、
思わず足が止まってしまった。
enn
enn
……………………。
音羽
音羽
ennちゃん?何見て……………
って、あれ、……あみかちゃん?
こたつ
こたつ
あみかちゃん?誰やそれ?
アタシの視線を辿るようにして見た音羽が、
そう言った。
うん。……それ。
そう。あみかちゃんなんよ。

車道脇に停められた黒い車から出てきたのは、
あみかちゃんで。

めっちゃ笑顔で、
車の中の、
運転席に座る……男の人に一言二言、声をかけてる。
それが終わると、ドアを閉めて…
その黒い車はけたたましい音をたてて、
走り去って行った…
あみか
あみか
あ。先輩~!
おはようございまーす♪
音羽
音羽
おはよう。
あみか
あみか
enn先輩もおはようございます。
enn
enn
え、あ………おはよう?
あみか
あみか
こたつ先輩も、おはようございます!
こたつ
こたつ
え。何で俺のこと…
あみか
あみか
知ってますよ~!女子の中で、
音羽先輩とこたつ先輩のこと知らない
子なんていませんから~
こたつ
こたつ
え?何で?
あみか
あみか
ハイスペック男子だからですよ♪
そんな2人と登校できるなんて、
ほんま、enn先輩が羨ましいです~
何でやろ……
この子の言葉って、
いちいちトゲがあるように感じる。
こたつ
こたつ
俺と音羽が、
ハイスペック男子?
あみか
あみか
はい♪
こたつ
こたつ
ハイスペック……男子、やって。(笑)
音羽
音羽
るせっ。(笑)
あみか
あみか
enn
enn
なぁ、あみかちゃん。
あみか
あみか
なんですかー?
enn
enn
さっきの車……
聞いてえぇのかわからへんけど、
あんな黒くてゴツい、
うるさい音が出る車に乗ってる奴と、
どんな知り合いなのか、
さっきから気になって仕方ない。
その…
あまりにもあみかちゃんには、
不釣り合いすぎるように感じて。
あみか
あみか
あ、見てました?
あれ、彼氏なんですよ♡
enn
enn
へー。………………………………………って、
∑ぇえ─────────っ!!?
かっ、かかか彼氏ぃいい!!?
あみか
あみか
昨日から付き合い始めたんです~♡
音羽
音羽
昨日!?
さすがに音羽もビックリしてる。
昨日から付き合い始めたって…
え?
え、でも…
あみかちゃん、音羽の事好きなんじゃ……
あみか
あみか
じゃ、行きますね♪
そう言って、
あみかちゃんは軽い足取りで、
校門の方へと歩いて行った…


















え。なんなん………。あの子……

ついていかれへんわ……






































🌈まさかの………あみかちゃんに彼氏?(゚∀゚)