無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ー絵しりとりやっただけですー
○○:あ~😭良かった……間に合った‪w

テヒョン:ね💕

モモ🍑:‪w



~授業中~

テヒョン:ヾ(•̑д•̑ ๑ )ネェネェ。(小)

○○:ん?どしたテヒョン。

テヒョン:モモからメモ回ってきたよ。(小)

○○:あ、O̤̮K̤̮。ちょーだい。

テヒョン:はい。

(ノ´ω`)ノヒョイ

○○:ありがと♡

テヒョン:なッ…/////

○○:何‪w?照れてんの?

テヒョン:ち ちがいますぅ~♡

○○:‪w

○○:(なんて書いてあんのかな?)

○○へ…

授業暇じゃね‪w
だから絵しりとりしよ‪w
もちろんテヒョンもね‪w

モモより…

○○:まじか‪wそんなことか‪w

○○:テヒョ~ン!(小)

テヒョン:ん? 私に何か用かしら?

○○:モモが絵しりとりやろうだって!

テヒョン:いいんじゃないかしら♡

○○じゃ~これ回しといて。

テヒョン:は~い♡

テヒョン:モモ♡はい!

モモ🍑:はい!毎度あり~

○○へ…

授業暇じゃね‪w
だから絵しりとりしよ‪w
もちろんテヒョンもね‪w

モモより…

~メモの裏~

望む所だ‪w




モモ🍑:よし!‪wやろう‪wまずは🍎ね‪wこれは簡単だね‪w

~モモはテヒョンにメモを渡した~

テヒョン:りんごね! じゃあ~・でいっか‪wさすがにわかんないわよね♡

~こんな感じで授業が終わるまでヤリマシタ

雑とか言わないでよ?‪w