無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

ーサボりー
次の日

え、雑って言わないで(5回目)

いつも通り集合場所

○○:モモォ(「🍑・ω・)「🍑

○○:テヒョ~ン!

モモとテヒョン:ン?

○○:今日サボろ‪w

モモ🍑:大賛成♡

テヒョン:いいけどバレないかな‪w

○○:大丈夫だよ‪w

テヒョン:じゃあ賛成!

モモ🍑:うちも問題なし!

○○:そうと決まれば!

○○:どこ行く?

テヒョン:ボーリング!

モモ🍑:いいね!

○○:じゃあ!着替えてから行こ!

モモとテヒョン:O̤̮K̤̮で̤̮ー̤̮す̤̮

○○:じゃあ○○時までに集合な!

テヒョンとモモ:いいよ!

準備が終わり……

○○:まだ来ないのかな~?

3分後

テヒョン:ごめんね~待った?

○○:全然!

テヒョン:アレ?

テヒョン:モモは?

○○:まだ来てないの!

テヒョン:じゃあ待とうか!

○○:うん!

5分後

モモ🍑:ごめ~ん!

テヒョン:も~遅いわよ~!

モモ🍑:ごめんねってば~

○○:いいよいいよ!それより早く行こ!

テヒョンとモモ:は~い!

○○:シュッパーツ!

10分後

○○:着いた~!

モモ🍑:んね‪w

テヒョン:じゃ!はいろ!

○○とモモ:は~い!

約3分後

テヒョン:よっと!

○○:凄!全部倒せたね!

○○side

今ちょっとかっこいいと思ったのはうちだけの秘密♡

○○side終了

帰り

○○:今日楽しかったね!

モモ🍑:うん!

テヒョン:今度また行こ~ね‪w

○○:うん!‪w

そんな会話をしてたらもう家の前

○○:じゃ~ね!

テヒョン:うん!

モモ🍑:また明日!

Fin


消えてたらミアネ♡