第7話

花言葉
入原あずさ
入原あずさ
スターチスの花言葉はね___
入原あずさ
入原あずさ
「変わらぬ心」と「途絶えぬ記憶」よ


あずささんがニッコリ笑ってそう言った。


美羽
美羽
へぇ~
美羽
美羽
素敵な花言葉ですね
入原あずさ
入原あずさ
そうよねぇ
私も初めて知ったときはとても素敵だと思ったわ
美羽
美羽
もしかして今日持ってきていただいたのも花言葉関係してるんですか....?
入原あずさ
入原あずさ
う~ん...
ちょっとだけ....ね
美羽
美羽
そうなんですね!
入原あずさ
入原あずさ
うん
入原あずさ
入原あずさ
ねぇ美羽ちゃん、そろそろ敬語やめにしない?
美羽
美羽
え、でも....
入原あずさ
入原あずさ
いいのよ、年とか気にしなくて


優しい口調であずささんはそう言った。


美羽
美羽
じゃあ....
これからはタメで話します!
美羽
美羽
あ、話すね!
入原あずさ
入原あずさ
ウフフ
よろしくね
美羽
美羽
うん!
入原あずさ
入原あずさ
どれ、
そろそろ仕事しなきゃなぁ


あずささんは腕を伸ばしながらそう言った。


美羽
美羽
あ..!
私手伝うよ!
入原あずさ
入原あずさ
いいのよ、美羽ちゃんは
ゆっくりしてて
美羽
美羽
え~でも...
入原あずさ
入原あずさ
それじゃあ私がきた意味ないでしょ
美羽
美羽
あ、そっか!


元はといえば、お母さんとお父さんが私の負担を減らすために家政婦であるあずささんを雇ったのだ。

忘れてた....


美羽
美羽
じゃあ、お言葉に甘えて.....


そう言って私は二階にある自分の部屋にのぼっていった。








入原あずさ
入原あずさ
(...美羽はあの花言葉を聞いてどう思ったんだろ.....)












リビングに1人だけ残ったあずさは、美羽の顔を思い浮かべてそんなことを思っているのだった____
















ーーーーーーーーーキリトリーーーーーーーーー

こんばんは~!

作者です!


久しぶりの更新になってしまって申し訳ないですm(__)m💦




さて、今回のお話はいろいろと疑問に思うところがたくさんあったと思いますがどうでしょう.....?


一番最後、あずささんの口調?言い方?が変わっているのはわざとです笑


そして今回のお話の鍵は

スターチスの花言葉、「変わらぬ心」と「途絶えぬ記憶」

そして、

最後、美羽がいなくなってから口調が変わったあずささん


この2つです!





ではでは、次回もお楽しみに~!!