無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

375
2021/08/18

第5話

3
ネットカフェって中年男性が多く利用してる雰囲気あるけど、



あんなに若くてイケメンな子もいるのか、、




まあ僕もどっちかというと若い(、?)けど、




……
















、……
あなた
やっぱ、気になる、


話しかける?、いやでも変人だって思われたくないし、


いやでも気になるしな、、
















そんなかんじで寝落ちした( ◜𖥦◝ )














、、、




ぴぴぴびぴ






あなた
ん、んっ、
スマホを見ると朝4時だった、









あなた
金無駄だし、ネカフェ出るか、、





店員〈お会計5,000円になります〉




高ぇ😇




……



















〈ありがとうございました ________ 〉





(ドンッ)








あなた
あっ、すいませ
xxx
あっ、
xxx
、、
あなた
、、、












































































あなた
ー〜ー〜、ーーーーーーー〜で、、、
xxx
それで家を出てきたってわけか
あなた
そう、です、。



そんなこんなで何故かこの人のお家にいる。











……、、





ぶつかって、帰る家が無いことに気が付かれてしまった、。

なんでかはわかんない。

















xxx
あんまり知らない人に着いていっちゃだめだぞー〜
あなた
、、ぶーめらん、()











あなた
あ、あのっ、名前聞いてもいいですか、
xxx
ゆきむら、
ゆきむら。
でいいよ、
あなた
よろしくです、、僕はあなたって言います
ゆきむら。
あなた、か、、よろしくね、

































出会いは、突然に、だったね、



♡×25でnext