無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

舞香の家
舞香
あなた疲れたでしょ?先お風呂いっといで
あなた

でも舞香

舞香
もうお人好しすぎるの。私はいいから早く行っといで
あなた

うん。ありがとう

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
あなた

はぁー

気持ちよすぎて寝ちゃいそう。
あなた

出よ。

あなた

舞香お先でした。

舞香
はーい。ゆっくりしとき。
あなた

ありがとう

睡魔が襲ってきた。
舞香
・・・?あなた!
あなた

はっ!

舞香
眠かったんだね笑
あなた

ごめん。寝てた。

舞香
私は布団敷いたから寝よ。
あなた

うん。

こうして私たちは眠りについた。