無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

お風呂
あなた

はぁー!気持ちいい!

湯船に浸かった私は眠くなってきてしまった。
あなた

ううんダメダメ。寝たらまためんどくさくなるから。

寝てしまわないようにお風呂を出た。
もうちょっと浸かりたかったなー。
あなた

どうもお先でした!

紫耀
紫耀
はーい。
廉
優太入ってきて良いよ。
優太
優太
マジ!ありがとう!お先でーす。
あなた

ねぇ舞香は?

紫耀
紫耀
あなたの部屋行ったよ。
あなた

そっ。

あなた

じゃあ私寝るわ。おやすみ。

キンプリ
キンプリ
おやすみ!
──────────
トントン
あなた

舞香?いる?

声をかけかけても返事がなかったから部屋に入った。
あなた

舞香?

舞香
スースー
舞香は寝息をたてて私のベットの上で寝ていた。
あなた

うふ。舞香可愛い。おやすみ。

私は布団を敷いて床の上で寝た。