無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

勇太
俺は今日一世一代の決意をしました。
それはあなたに告白するということ。

勇太
勇太
あなたの事が好き。
勇太
勇太
普通すぎるな
あなたを一生幸せにする。
あなた

勇太?誰を一生幸せにするの?

やっべー。聞かれてた。
勇太
勇太
う、うん。
あなたこ、ここに座って?
俺は隣を指差した。
あなたは戸惑いながらも、座ってきた。
あなた

どうしたの?

勇太
勇太
あなた?俺さ、いつもあなたに助けて貰ってばっかりで、何もできないし、頼りない俺だけど、あなたを思う気持ちは誰にも負けません!こんな俺だけど、付き合ってください!
あなた

ゆ、た…
ありがとう。
私も、勇太が好きです!これからもどんどん頼ってね!
よろしくお願いします!

勇太
勇太
ふぇっ?マジで!よっしゃー!
今日からあなたは、大事な大事な彼女になりました。