無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

玄樹
僕は、可愛い可愛いと毎日のように言われる。
正直可愛いより、かっこいいと言われたい。
そんな僕だけど、あなたに告白しようと思う。
玄樹
玄樹
あなた?19:00にさ、学校の中庭に来てくれない?
あなた

え?う、うん。分かった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
玄樹
玄樹
ごめんね。急に呼び出して。
あなた

うん。大丈夫。どうしたの?玄樹の方から、呼び出すとか珍しいね。

玄樹
玄樹
確かにそうだね笑
でさ、僕ってさいつも可愛いって言われてさ、男らしくないと思う。だけど、あなたに出会って、あなたを1人の女の子として、意識するようになって変わりました。あなた?空見て?
月が綺麗だね。
「月が綺麗だね」の意味伝わるかな?
あなた

えっ…それって…

玄樹
玄樹
うん。月が綺麗だねの意味はあなたが好きです。
あなたこんな僕だけど、全力で守ります。僕と付き合ってください!
あなた

玄樹。。
ありがとう。
玄樹はいつでもかっこいいよ!こんな私だけど、よろしくお願いします!

こうして僕達は、カレカノになりました。
あなたは一生守ります!