無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

下に行くと
下に行くと楽しそうに話している9人の姿があった。それを見た私はなぜか胸がキューと苦しくなった。私があの輪の中に入るのはなぜか嫌だったから買い物に行くことにした。
あなた

買い物行ってくるね。

優太
優太
今日ご飯なに!?
玄樹
玄樹
岸くんってご飯のことしか頭にないんだね。
女子1
可愛い♡
あなた

何が良い?

紫耀
紫耀
カレー!
キンプリ
キンプリ
いいね!賛成!
満場一致でカレーにすることにした。
あなた

いってきます

キンプリ
キンプリ
行ってらしゃーい!
私はカレーの材料を買って帰っていた。
あなた

はぁー。帰りたくないな。

帰るとまたあの楽しそうな所を見ないといけない。6人のあんな楽しそうな顔を見たことがなかったから。
あなた

ただいま。

キンプリ
キンプリ
おかえり!
紫耀
紫耀
ねぇあなた!この子達が料理作ってくれたよ!
廉
超美味いで!
あなた

えっカレーの材料買ってきたんだけど。

優太
優太
そんなん明日でいいじゃん!
海人
海人
ほら早く!一緒に食べよう!
女子2
ごめんね。あなたちゃん勝手なことしちゃってぇー。
女子3
疲れてるかなぁと思ってぇー作っちゃった!
いや作っちゃったじゃないよ。
女子1
一緒に食べようぉー
なんかイライラしてきた。
あなた

いや大丈夫。何か体調悪いんだよね。だから寝るね!ごめんね。せっかく作ってくれたのに。

勇太
勇太
あなた体調悪かったの!?
優太
優太
何か買い物行かせてごめん。
あなた

ううんみんなのせいじゃないし。寝るね。おやすみ。ごゆっくり