無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

紫耀
紫耀にバレた。
紫耀
紫耀
てか皆あなたがいること知ってんの?
あなた

紫耀と廉と神にはバレたけど、その他の3人にはまだ

紫耀
紫耀
えっ!じゃあ皆に言ってくる!
あなた

えっダメダメ!言わないで

なんて声は聞こえず紫耀は行ってしまった。
てかそれより周りの女子の視線が痛い。
女子1
何であんな奴がキンプリの皆の名前呼び捨てで呼んでんの?
しかも明らかに聞こえるような声で。
女子2
マジでウザイ。
女子3
ブスのくせに、調子のってんじゃねーよ!
まぁブスって事は自分でも自覚してますけれども...
紫耀の方を見ると、海人と話していた。海人は私を見つけると、さっきの顔から目が輝き、ニコニコの顔になった。それさえも可愛いと思ってしまう私。
これで4人にバレた。よし紫耀を止めに行こう!