無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11
「風邪ですね」


そう言われ薬をもらい俺達は帰った。
高野ことね
高野ことね
ん~……
高野ことね
高野ことね
痛い……
登坂広臣
登坂広臣
大丈夫か?
高野ことね
高野ことね
ん……
ギューーーー
登坂広臣
登坂広臣
っ…どうした?///
急に抱きしめられた。
高野ことね
高野ことね
広臣とくっついてれば暖かいから……
いつもツンデレで、こういう時に甘えてきたり弱ってることねが可愛くて理性を抑えるのに必死だった。
登坂広臣
登坂広臣
お前は寝てろ
そう言ってことねをベッドに寝かせた。


次の日…
登坂広臣
登坂広臣
おはよ、熱どう?
高野ことね
高野ことね
下がった下がった!!
登坂広臣
登坂広臣
よかった…😌
高野ことね
高野ことね
広臣ありがとね、色々
登坂広臣
登坂広臣
おう、あれ今日学校は?
高野ことね
高野ことね
あるよ
登坂広臣
登坂広臣
え、遅刻じゃん
高野ことね
高野ことね
行きたくない
登坂広臣
登坂広臣
行けよ
高野ことね
高野ことね
いやぁだって
登坂広臣
登坂広臣
あれ?文化祭いつ?
高野ことね
高野ことね
明日
登坂広臣
登坂広臣
は?明日?なら尚更行かなきゃだろ笑笑
高野ことね
高野ことね
え~
登坂広臣
登坂広臣
明日文化祭行くからな
高野ことね
高野ことね
え~
登坂広臣
登坂広臣
嫌だ、ほら行くぞ学校
高野ことね
高野ことね
は~い……