無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4
緋山美帆子
緋山美帆子
ふーん  そうゆう子結構運ばれてくるよ
横峯あかり
横峯あかり
そうなんですか?
絶対助けます!
あなた

わたしも絶対サポートします!
助けます!

緋山美帆子
緋山美帆子
PTSD発症しなかった?
あなた

PTSDまではいかなかったですけどそこから2年ぐらい「ドン!」って音に敏感でした

緋山美帆子
緋山美帆子
そうだよね 中1で横で倒れて仲良い子で頭がそこにあったら怖いよね
あなた

はい…

緋山美帆子
緋山美帆子
よし!昼休憩終わり!
2人ともICU見回りしといて!
あなた

はい!

横峯あかり
横峯あかり
はい!