プリ小説

第90話

🚕
タクシーを呼んでいた
1台目には🎬マネとスタッフさん
2台目にはスタッフさんたち
3台目には私と大志くん

大志くんも少し酔っていた
中川大志
中川大志
あなた〜?今からどこいくのぉ〜??
あなた
あなた
お家へ帰ります!
中川大志
中川大志
えっ〜?家〜?やだやだ!もっと一緒にいたいよぉぉ
あなた
あなた
いやです!帰りましょ

大志くんは自分の住所を伝えた

🚕 向かいますね。


大志くんは寝ていた


30分ほどで家に着いた
あなた
あなた
大志くん!起きて!起きて!
中川大志
中川大志
んー?🤤
あなた
あなた
運転手さん少し待っていてもらえませんか?

🚕 わかりました


大志くんをタクシーからつれ下ろした


肩を支えて
部屋の鍵を開けて部屋に入った
あなた
あなた
うわ。広
中川大志
中川大志
こっちぃ

寝室にはいった

寝かそうとした時
あなた
あなた
きゃっ

一緒に引っ張られた

そして、強引にキスをされた
あなた
あなた
んっ、やめて!!!

私は大志くんを押しのけた

そしていそいで、タクシーへ戻った

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

恋の迷子
恋の迷子
出せる時に出します!!🍎🍎 読んでくれたらうれしいです😊 ♡くれるかたありがとうございます🎌 コメントくれたら本当に嬉しいです💗 たくさんのグループの方達を書いていきたいとおもってます!🙏 どのグループで書いてとか気軽に言ってください リクエストしてくださったメンバーの方たちは必ず書きます!!😍😍
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る