無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
98
2021/02/11

第9話

年 明 け
髙地side

よっしゃあ!!!!!!
初のside ゲットした!!!!!!!!

とまぁ、そんなことは置いといて笑
今日は、樹の家で年明けパーティー? をしてるんだけど、あなたがお酒飲みたいって、、
最初は、ほろ酔いで始まって そっからビールとかウィスキー、ワインとかも飲んでたな笑
そんなこともあって、樹の家からお酒が無くなりました!!!!笑
だから樹、北斗、風磨でコンビニ行ってるんだけど
あなたが、、凄いことになってる、笑笑

あなた「んひひ、ねー、しんちゃん!♡」

森本「え、あ、ん、な、なに、??」

ちなみに、あなたが しんちゃん って
呼ぶときは甘えたい時なんだって〜
あと、北斗はほっくん、 樹はじゅりくん、
ジェシーは、じぇす 大我は、大我で、
風磨は ふまくん、俺は、、ゆご?? 多分ね!笑

あなた「ぎゅー、、」


森本「…え、??は???ん、?」

『慎太郎、大丈夫か?笑』


あなた「いいもん、してくれないなら たいが のとこいく、、!」


京本「俺、!!!??? だめだって、あなた可愛すぎるむりむりむり」


あなた「もぉ、 じぇす のとこ行くもんね!」


ジェシー「え!!!////」

ジェシー「ちょっと、こーち!!! 助けて、!」


『はいはい、あなた〜? こっちおいで?』


あなた「んふふ、ゆご〜♡♡♡」(小走り)


『はい、どーぞ!』(膝の上に座らせる)


あなた「ゆご、あったかい、!♡」
あなた「ねぇ、もっと、ぎゅー して??♡」

いやいやいやああや、さすがに俺でもこれは無理
しぬぞ、、 早く帰ってこいよあいつら、、

森本「うわー。俺、耐えればよかった、、」


京本「ねー、じゅり達 帰ってきたらやばいよ?」


ジェシー「北斗やばくね!AHAHAHA!!!!」

『いや、笑ってないでたすけ「ただいま〜」』
やっと帰ってきた、、

あなた「ん! じゅりくん帰ってきた???♡」


『そうだよ、あなたの大好きな樹が帰ってきた』


松村「え、あ、あなた!!!??」(走ってくる)


あなた「あ、! ほっくんおかえり〜♡♡」
あなた「はい、!」(腕を広げる)


松村「え、? いや、ん、?え????」


あなた「おかえりのぎゅー!!!!」


松村「あ、え、ごめん、(?)」(ハグ)


田中「おい、北斗何やってんだよw」


あなた「あ!!じゅりくんっ!!!♡♡♡」
なんだかんだ言って、あなた 樹のこと大好きなのよね〜

森本「ほら、あなたが腕広げて待ってんじゃん」


田中「えーーー、、どうしよう、可愛すぎてしぬ。俺、明日しぬの????」(ハグしながら)


あなた「じゅりくん、このままソファーに移動♡」


菊池「うわーーーー、ずるっ。」


田中「やべ、どーしよ。理性が、、」 (


あなた「ふまくん、おかえり♡」(向かい合わせで膝に座りながら)


松村「あなた、こっち向いて〜」


あなた「ほっくん、なぁに?♡」


松村「あ、すき、 カシャカシャカシャ」(連写しながら)


菊池「ちょ。それ、俺にもちょうだいね?」


ジェシー「俺にもちょーだい!!!!」


『あ、LINEでグループに送っといてね』


京本「(無言で連写)」


あなた「ありがとね、じゅりくん!♡」


菊池「あなた、こっちおいで?」


あなた「へへっ、膝枕してね〜♡」


京本「ずる賢いなぁ、、。」


菊池「はい、あなたおやすみ。」


あなた「ふまくん、おやすみ〜♡」


あなた「あ!みんなもおやすみ♡」(頭だけ上げて)


スト「「「お、おやすみ、、、」」」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
next   "ISLANDTVの反響"