無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

401
2020/03/10

第4話

は ぴ ば
 ここの小説では聡ちゃんは活動休止中とさせていただきます。

それを知ったうえでこの小説をお読みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



あなたside

こんにちは こんばんは おはよう←
んーとね。今日は菊池くんのおたんじょーびなので、お祝いするお♡♡((
あのね。ピアスとリングをあげるぜ!
あの人、ジャラジャラしてっから←
ピアスはあなたとオソロ。リングは...けんてぃーとオソロにするつもり←
けんてぃーにも同じリングをあげる🤟🤟
ふまけんって...良いよね✨✨←
ん。よし、セクゾんとこ行くべ!!
『んね~。セクゾとこ行ってくるね』

田中「え?なんで??」

『菊池くんのおたんじょーび』

松村「あぁ。風磨の誕生日か。」

森本「いってらっしゃーい!!!」

京本「遅かったら迎えに行くね😊」←

『え。...やだ。』

松村「あなたに拒否権なんて無いけど?」

『』←

『とりま、行ってきまぁーす!!』

すと「行ってらっしゃーい!」

迎えにくるみたいだけど、そんなの知らね☆←



















コンコン
せくぞ「はi((」

『しっつれいしまぁーす!!!』

菊池「まだ返事してねぇーわ。w」

『別に良くない?w』

佐藤「ダメだよw」

マリウス「どーしたの?あなたちゃん。」

『あんね。菊池くんの誕プレ渡しに来た』

菊池「え、まじ!?」

『そ。はい』

菊池「え!!ピアスとリングじゃん!!!」

『うん。ふまたんジャラジャラしてっから良いかなと、思って。』←

中島「めっちゃ呼び方変えるじゃんw」

中島「あ。もうちょいで俺も誕生日だから誕プレちょーだいね♡」

『うん。楽しみにしてて♡』←

中島「待ってる♡」←

マリウス「何その、茶番劇~!!」

『ww』

『あ。やっべ。早く戻んねぇと、すと迎えに来るw』

田中「あなた~??」

菊池「もうそこまで来てんじゃんw」



コンコン

松村「ガチャ)あなた迎えに来ました〜」

『(佐藤の後ろに隠れる)』

京本「あなた?😊見えてるよ??(圧)」

『あ。はい。』

『んじゃ、そーゆー事なんで』

菊池「こんど、飯いこーぜ。」

『ん。行こーね。』

ジェシー「俺もいきたーい!!!」

森本「俺も~!!!」

『じゃあ今度SixTONESと、ふまたんで行こ。』

菊池「あなたパイセン!!あざっす!!」

『え?は?』

すと「「「「「「あざっす!!」」」」」」

髙地「あなたが奢ってくれるって〜」←

田中「じゃ。俺ら仕事あるから。」

マリウス「ばいばーい!!」
 


(『え?奢るなんて一言も言ってないんだけど。...』)

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+*
ごめんなさい!!!w
本当はふまたんの誕生日に、書きたかったんですけど...
遅れました♡←相当な。wBy菊池
投稿頻度が遅くてごめんなさい!!!
あまりにも伸びない小説は消します!!!!
それでは...せーの、ずどん✊
。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* 

↓ 💖 5 で 次 の 話 💎