無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

217
2020/06/21

第6話

ば ー す で ー
あなたside

はぁい、こんにちは こんばんは おはようございまぁぁぁぁす!

えー、今日は! なんと!!!
6月です!!! ←知ってるよ!wBy京本

とまぁ、きょもに怒られたのでちゃんと、言います。(
6月ですね!と、ゆーことは! うちの田中と松村とルイスが誕生日なのです!✌️
1回、1回 するのはめんどいので、松村くんの誕生日に全員分しようとなりました。(

田中「あなたー? まだぁ~??♡」

『んぁー、ちょっと待ってぇ!!』

えー、田中にはピアスとかなんか、そーゆーものを。 (
松村には、本と指輪を。(

ルイスには、ギターです。(
ちなみに、1番金がかかったのは、何気に田中です。(  (
これだけじゃ、物足りないと絶対に大男達は言うので、焼き肉行きます。(

『はい、あなたちゃん参上~!!』

ジェシー「はやくっ、はやくっ!」

『まちなさい、』

『あ、誕プレあげるけどさ、絶対 物足りないでしょ?』

大男たち「「「「「「うん」」」」」」

『だから、これ終わったら焼肉ね。』

田中「え!?まじ!?!?」

『おん、まじよ。』

大男たち「いえぇぇぇぇぇぇい!!!」
『あ、こーち! 一緒に払ってね♡』

髙地「...またかよ!!!」

『え?こんな可愛いあなたちゃん1人に払わせようとしてるの??』

京本「そうだよ、こーち!!」

髙地「まぁ、可愛いから許すけども!!」

『こーち、すき!!♡』

森本「あ!、 こーち、ずるい!!!」

髙地「なにがよ!!」

田中「あなたに好きなんて、めったに言われないのに...」

松村「それは、お前らが変なことするからだろ?」

田中「えっ、北斗 言われてんの??」

松村「毎日のようにいわれてるよ♡」

大男-ほくゆご「ずるっ!!!」

『あのさ、もういい? 』 (

田中「今、あなたについてで、揉めてんだけど!!!」

『あー...みんな好きだよ。』

末ズ「ずっきゅんっ!!!、、」

『それ、セルフで言う?w』

田中「俺も好きだよぉぉ!!(抱きつこうとする)」

『いって、、勢いつけすぎ、、、』

『ほっくん〜!!』

松村「(うわっ!!あなたのほっくん呼び...尊い!!!!)」
↑松村キャラが、、、 (

松村「ど...どうしたの、」

『樹が、あつくるしい~』

松村「だってよ、樹!w」

田中「えぇ、じゅったん泣いちゃう、、」

ジェシー「俺がいるよ、、、」

田中「じぇす、、、」

森本「だめだ!!ジェシーは俺のだ!!」

ジェシー「やめろ、慎太郎、、俺は...俺は...」

京本「だめ!樹は、俺の!!!」

田中「きょも、、俺は...俺は...」

髙地「また始まったよ、、」

『もう、止めれないよね、』

松村「ほっとこうか。」

大男-ほくゆご「「「いや、止めろよ!!!」」」

『あれ、まだ続けてて良いのに、、』

京本「もう、疲れた!!」

松村「さすが、坊ちゃんだな、、、」

田中 『「きょもほく!!!♡」』

きょもほく「...はぁ、、、」

京本「やばいよ、北斗、、」

松村「だな、、ほっとこうぜ、、、」

ジェシー「ねぇ、誕プレは? 」

『あ、忘れてたわ、w』

『はい、どーぞ!!』

ほくじゅりじぇ「「「ありがとう!!!」」」

田中「何かなぁ、、♡」

松村「俺、本と指輪 入ってる!!」

松村「あなた好きだわ、、ギュッ」(抱きつきました)

『!? 北斗がデレてる、、』

田中「おっ! ピアスと...ネックレス!!」

『ちなみに、2つで80万ね。』

大男「は!? 80万!?!?」

『おん、ピアスが20でネックレスは60だった、』

髙地「だったって...値段みないで買ったの!?」

「そ、良いのがこれだった。」←

京本「(どんだけ、金持ちなのよ、、)」
↑あなたも、相当です。

ジェシー「俺、ギター!!!!」

『それ、60万だった。』

田中「俺の方が高いじゃん!!」

『そそ、なんでか分からないけど』 ←

森本「ねえ、焼肉行かない!!?」 ←

『良いよ!行こ!!!』 ←

大男-たけしん「あの子達は、手におえない、、」