無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

93
2020/04/27

第15話

❤️🐦.15

私達は2人で色々なことをしてきた



仕事も家事も全て2人で協力して
難しいことも辛いことも何とか乗り越えてきた




私はまたいつものように朝を迎えた



するとリビングへ行ってすぐに
電話がかかってきた



(なまえ)
あなた
📞もしもし
ジュンの母
ジュンの母
📞もしもし、あなたちゃん?
(なまえ)
あなた
📞お母さん!おはようございます。
こんな早くにどうされました?
ジュンの母
ジュンの母
📞おばあちゃんがついさっき亡くな
ったの。今日はお店閉めるから仕事
は休みだけど荷物整理とかしなきゃ
いけないからこっちに来てくれる?
(なまえ)
あなた
📞そうなんですね...わかりました。
朝食食べたらジュン君とすぐにそっちに向かいます。
ジュンの母
ジュンの母
📞わかった、待ってるわ。
じゃあまた後でね。
(なまえ)
あなた
📞はい。
ジュン
ジュン
おはようあなたちゃん
(なまえ)
あなた
おはよう。
おばあちゃん亡くなったって。
ジュン
ジュン
え...?
(なまえ)
あなた
今お母さんから電話で知らされたの
今日はお店閉めるけど荷物整理とか
あるみたいだからこっちに来てって
言ってたわ。朝食食べたらすぐ向かいましょう。
ジュン
ジュン
うん、わかった。
(なまえ)
あなた
今日何食べたい?



彼から返事は帰ってこなかった



(なまえ)
あなた
ジュンくん?
ジュン
ジュン
...ん?今何か言った?
(なまえ)
あなた
ううん、少し気休めてから
朝食にしよっか。
ジュン
ジュン
あぁ、うん。ごめん。

彼は悲しそうに一点をずっと見つめてた