無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第10話

光速
リヴァイ
(こいつは間違いなく逸材だ。)
貴方
あ〜。ガスを使いすぎたな。
リヴァイ
ガスのことならあまり気にするな。
俺が予備用のガスを持っている。
貴方
あ。ありがとうございます。
ペトラ
(ㆆ_ㆆ)うそん…
オルオ
ペトラ…気を緩めるな!
エルド
ここは壁外だぞ!
ペトラ
は!だってあんな凄いの兵長以外でみたことある?
貴方
いやぁ〜褒めてもらえて何よりです!
リヴァイ
(嫁に来い)
ペトラ
(きゃわ❤)
貴方
あの?お二人さん?
リヴァイ
いやなんでもない。
ハンジ
あなた〜!
貴方
あ!ハンジさん!
ハンジ
エルヴィンから伝言!
帰ったら夜部屋に来いだってさ!
長話になるから身構えて行ってね!
貴方
はい!ありがとうございます
リヴァイ
お前が、言うな…
ハンジ
え?なんのこと?
エルヴィン
よし!目的を果たした!シガンシナ区ヘ帰還せよ!
ペトラ
ね?目的って何だったの?
エルド
さあな。
࿐·˖✶࿐·˖✶࿐·˖✶࿐·˖✶࿐·˖✶࿐·˖✶࿐·˖✶
エルヴィン自室
貴方
失礼します
エルヴィン
あ、かけてくれ
貴方
ありがとうございます
貴方
それで…お話とは?
エルヴィン
君は…今回の壁外調査目的はなにかわかるかい?
貴方
ワカラナイデスネ
エルヴィン
そうか…!
ま、そうであろうね…
エルヴィン
目的は────
貴方
……!それは…
きゃー
アニメあるある気になるとこで終わるw

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

✡ウツボ✡
✡ウツボ✡
ダンス馬鹿です ( `・∀・´)ノヨロシクお願いします たくさんコメント、リクエスト、質問(プライベートなのも)いただけるとありがたいです。 お立ち寄りいただきありがとうございます
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る