無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8
私は、先生が好きだ。

大好きだ。
だけど…なんでかな?
最近、物足りない気がするの。

もちろん、先生のえっちはきもちいいし、

もっとやりたい…


だけどね、物足りない気がしてたまらないの。



今日は、先生の命令?で、面積の少ない下着を着ている。

乳首も、出てしまっているし、

陰部はすぐにでも、アレをさせるようになっている。


うぅぅぅ…、なんかそわそわするぅ…。


これで、電車に乗らなきゃいけないだなんて…、、

変な事を妄想しちゃうぅ…。




ーーーーーーー私は改札を通ると、通勤ラッシュの時間の満員電車に乗り込む。

これも先生の命令。


いつもは空いてる時間に、バスで行くんだけどね!

となりの人の顔がすぐそこにある。

背が低いから、周りが見えなかった。
見えたのは、通勤をするおじさん達と、

通学をしている学生さん達。

化粧をしてる女の人もいた。

家出しないのかな〜?なんて思った。
今はそんなことより、電車がぎゅうぎゅうのせいで、

胸が、近くのおじさんに、

ぴったりと当たってしまってることが、重要だ。



そのおじさんの顔をちらりと見れば、真っ赤になっていた。

童貞…かな?
あなた

(えっ!?)




私は油断していた。

というか胸が当たっていることに気がいってた。
あなた

(ち、痴漢!?)

パンツの意味をなっていない、パンツに、


後ろの誰かの手が入ってきたーーーー。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆゆ
ゆゆ
ゆゆです サブ垢?裏垢?作りました!! 紫咲 菫▷user/6ffb3a+ 【連載中】 『バイバイ1軍様』 ※そのままの所で2章に入ります。 『まってよ先生。』 【不定期更新】 『掲示板…?的なものです。』 【完結】 『君が髪を切る時に』 『バイバイ1軍様』 『いれかわりラブレター』 【休載中】 『フォーエバーゲーム』 【連載予定】 ☆100ーーーありがとうございます!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る