無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9❤︎
痴漢の手が、私の陰部をかき回す。
あなた

あっ…、ふぅ、


私……感じちゃってる??

知らない人の手で??


先生以外の人で……ッ!!
あなた

や、やめ……。


早く大声、出さなきゃっ。

出さなきゃ……なのに、、、


声が出ないっ!!
恥ずかしいし、、
ちかん
ん?どうした?
あなた

やめ、て、くだ…さ、い…んっっ!!

耳元で痴漢に呟かれる。

吐息交じりのその声は……、
その声は、、

先生、ごめんなさい。

エロいと感じてしまいました。
ちかん
こーんなに、感じてるのに?

痴漢は私の愛液がたっぷりと着いた、指を私の目の前に出してきた。

そのまま、その指を口に入れられる。


私の胸が当たっている前のおじさんの、アレが視界に入った。

パンパンに膨れ上がっててっ…!!
私のせい……かな?
あなた

んっ、ふんっ!!


私の唾液と、私の愛液がついた痴漢の指が絡まる。

体がほわん、ほわん、するぅ、
ちかん
本当に、やめていいの?

私は何も答えられなかった。

そんな、こと、いわない、でよぉぉ。


断れるわけないじゃんっ。
ちかん
じゃあ、あっち行こ。

私は痴漢に誘導され、人の波におされ、

ドア付近まで来た。


(これなら逃げる!!)と思った私は馬鹿だった。

だって、あと8駅は、こっちのドアは開かないんだもん!!
あなた

ひゃぁんッ!!アッ、ぅンッ!

ちかん
うるさいよ
私は痴漢にそう言われて、必死に声を抑えた。

私のいいところを、

見透かすように、痴漢の指は、














ーーーーーーーーー私を快楽に溺らせた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆゆ
ゆゆ
ゆゆです サブ垢?裏垢?作りました!! 紫咲 菫▷user/6ffb3a+ 【連載中】 『バイバイ1軍様』 ※そのままの所で2章に入ります。 『まってよ先生。』 【不定期更新】 『掲示板…?的なものです。』 【完結】 『君が髪を切る時に』 『バイバイ1軍様』 『いれかわりラブレター』 【休載中】 『フォーエバーゲーム』 【連載予定】 ☆100ーーーありがとうございます!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る